知ること艱きにあらず、行うことこれ艱し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章


 


知ることかたきにあらず、おこなうことこれかた

ー非知之艱、行之惟艱ー   書経
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

{原文」
非知之艱、
行之惟艱。

{書き下し文}
知ることかたきにあらず、
行うことこれかたし。

{意解}  
頭の中で理解するだけなら、
それほど難しいことではないが、
それを実行するのは
容易なことではない。 

行難而学易」も意味は同じである。
(殷の高宗に仕えた名宰相、傅説ふえつが、高宗を戒めたことば)
何か調べ事をする時には、図書館、本屋によく行ったものである。
何件かの本屋を回ったこともしばしばである。  
以前はそうやって一つのことを知るのに 時間と労力をかけたものである。  

 今は、ネットで検索すれば、時間と労力をかけずに より深く、
付随した事柄までもが、簡単に得ることができる。
本当に便利になったものである。 が、
時間と労力を費やして得た知識は なかなか忘れないもの。

事上じじょう」で必要な時には、 思い浮かびやすいように思われる。

 それに比べ、ネットで簡単に検索、入手できた知識は
なかなか「事上」で必要な時に浮かんでこないのである。
(私の取り組み方に問題があるのかもしれないが・・・)  

便利になったことには本当に感謝しているのであるが、

私的に身に付き難く感じる。  

備考:五経
詩経(毛詩)
書経(尚書)
礼経(礼記)
易経(周易)
春秋経(春秋左氏伝)

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください