Blog

Pocket

 

第二章

 

螳螂とうろうひじいからしてって車軼しゃてつたるがごと

 

ー猶螳螂之怒臂以当車軼ー   荘子 外篇 天地
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

 

{原文}
猶螳螂之怒臂、
以当車軼。

则必不適任矣。

 

{書き下し文}
螳螂とうろうひじいからして
って車軼しゃてつたるがごとし。
すなわかなら不適任ふてきにんなり

 


 


{意解}

螳螂かまきりかまを振り上げて 車の車輪に立ち向かっていくことで、
無謀むぼうなことのたとえとして引かれている。

風車ふうしゃに立ち向かうドン・キホーテ」 「ぞういどあり」 も同意に使われている。
「猶お蟷螂の臂を怒らして、 以て車轍に当るがごとき、
即ち必ずにんしょうえざるなり。」
蟷螂かまきり獲物えものねらうときに前の両足を頭上にかざす姿が、
おのるうのにている。

 虫の世界ではその斧は大きな脅威きょういともなろうが、
いくら蟷螂かまきりの向う気が強くとも、これしきの斧では、 小虫以外の、
大きな相手に対してはまったく威力いりょくはない。

 即ち、「蟷螂とうろうおの」とは、弱者が自分の分や力をわきまえないで、
ただ意気がって大敵に当ったり、 猪突猛進ととつもうしんしたりすることをいうのである。

文選ぶんせん」には曹操軍そうそうぐん劣弱れつじゃくさまふうして
蟷螂とうろうおのもっ隆車りゅうしゃ(大車)のすい(轍)をふせがんとほつす。」とある。

夢々ゆめゆめ
一、自分の力量をわきまえる
一、相手の力を知る
彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず
を忘れるべきではない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 68,700 アクセス

最近の投稿

アクセス解析