瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず|中国古典 名言に学ぶ

瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず

瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず

第四章

瓜田かでんくつれず、李下りかかんむりたださず

ー瓜田不納履、李下不整冠ー  文選 古楽府 君子行
(文選|もんぜん:三十巻。南朝梁の昭明太子の撰。
周から南北朝時代の梁にいたる約千年間、百三十余名の詩賦文章のほか、
作者不明の古詩や古楽府を若干収録。)

{原文}
君子防未然、
不處嫌疑間。

瓜田不納履、
李下不正冠。

{書き下し文}
君子くんし未然みぜんふせぎ、
嫌疑けんぎかんらず。

瓜田かでんくつれず、
李下りかかんむりたださず。

瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず

瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず




{意解}
君子たるものは、人から疑いを招くような事は未然に防ぎ、
嫌疑けんぎをかけられるような振る舞いはしないものだ。
ろうとしていると勘違いされぬように)
うり畑の中で靴を穿くような仕草しぐさをしたり、
すももの木の下でかんむりをかぶりなおしたりはしないものだ。
「疑わしきはばつせず」は法律の世界だが、個人のモラルとしては、
疑わしきはさず」ぐらいの心構えが必要なのかもしれない。

それを語っているのが、この言葉である。
瓜畑うりばたけでは靴を履き替えてはならない。
すももの木の下では、手をげてかんむりを直してはならない」というのだ。

なぜなら、そんなことをすれば、
瓜や李を盗み取ろうとしたのではないかと疑われるからである。  
誰しも、人から疑われるのは気持ちのよいことではない。
なかには、ぎぬを着せられて、 腹立たしい思いをした人も、
多くいるに違いない。  

だが、人から疑われる原因を、自ら作っているようなケースもあるように思う。
たとえば、不注意な言動とかふしだらな行為などは、人の疑いを招きやすい。  
それをけるためには、普段から厳しく自分をりっする必要がある。
人から疑われてとくになることは、一つもないのである。

列子 鬳斎口義 説符篇に「疑心、暗鬼を生ず」とある。疑わしき目で見れば、
すべてのことが疑わしく思われてくるのだという。「列子」に、紹介された話である。 自分の思い込みで、 罪のない者まで疑わしく見えたという話だある。 これに類する話は、誰にでもあるだろう。誤った偏見へんけん先入観せんにゅうかんによって判断をまどわされるのである。 自分の判断力でも、無条件の信頼など置かない方が良いのかもしれない。

* 文選(もんぜん)
中国南北朝時代、南朝梁の昭明太子によって編纂された詩文集。
春秋戦国時代から梁までの文学者131名による賦・詩・文章800余りの作品を、
37のジャンルに分類して収録。 中国古典文学の研究者にとって必読書とされる。
収録作品のみならず、 昭明太子自身による序文も六朝時代の文学史論として
高く評価されている。  
序文には、作品の収録基準を
事出於沈思、義帰乎翰藻(事は沈思ちんしよりで、義は翰藻かんそうす)」とし、
深い思考から出てきた内容を、
すぐれた修辞しゅうじで表現したと見なされた作品を収録したとある。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください