Blog

Pocket

第四章


 

瓜田かでんくつれず、李下りかかんむりたださず

 

ー瓜田不納履、李下不整冠ー  文選 古楽府 君子行
(文選|もんぜん:三十巻。南朝梁の昭明太子の撰。
周から南北朝時代の梁にいたる約千年間、百三十余名の詩賦文章のほか、
作者不明の古詩や古楽府を若干収録。)

 

{原文}
君子防未然、
不處嫌疑間。

瓜田不納履、
李下不正冠。

 

{書き下し文}
君子くんし未然みぜんふせぎ、
嫌疑けんぎかんらず。

瓜田かでんくつれず、
李下りかかんむりたださず。

 


 

{意解}
君子たるものは、人から疑いを招くような事は未然に防ぎ、
嫌疑けんぎをかけられるような振る舞いはしないものだ。
ろうとしていると勘違いされぬように)
うり畑の中で靴を穿くような仕草しぐさをしたり、
すももの木の下でかんむりをかぶりなおしたりはしないものだ。
「疑わしきはばつせず」は法律の世界だが、個人のモラルとしては、
疑わしきはさず」ぐらいの心構えが必要なのかもしれない。

それを語っているのが、この言葉である。
瓜畑うりばたけでは靴を履き替えてはならない。
すももの木の下では、手をげてかんむりを直してはならない」というのだ。

なぜなら、そんなことをすれば、
瓜や李を盗み取ろうとしたのではないかと疑われるからである。  
誰しも、人から疑われるのは気持ちのよいことではない。
なかには、ぎぬを着せられて、 腹立たしい思いをした人も、
多くいるに違いない。  

だが、人から疑われる原因を、自ら作っているようなケースもあるように思う。
たとえば、不注意な言動とかふしだらな行為などは、人の疑いを招きやすい。  
それをけるためには、普段から厳しく自分をりっする必要がある。
人から疑われてとくになることは、一つもないのである。

 

* 文選(もんぜん)
中国南北朝時代、南朝梁の昭明太子によって編纂された詩文集。
春秋戦国時代から梁までの文学者131名による賦・詩・文章800余りの作品を、
37のジャンルに分類して収録。 中国古典文学の研究者にとって必読書とされる。
収録作品のみならず、 昭明太子自身による序文も六朝時代の文学史論として
高く評価されている。  
序文には、作品の収録基準を
事出於沈思、義帰乎翰藻(事は沈思ちんしよりで、義は翰藻かんそうす)」とし、
深い思考から出てきた内容を、
すぐれた修辞しゅうじで表現したと見なされた作品を収録したとある。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 73,538 アクセス

最近の投稿

アクセス解析