free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

しゃくじつ

 

花は半開を、酒は微酔びすいに飲む

 

ー花看半開、酒飲微酔ー    菜根譚 後集 112項
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

 

{原文}
花看半開、酒飲微酔。
此中大佳趣。
若至爛漫骸醄、

便成悪境矣。
履盈満者、宜思之。

 

{書き下し文}
花は半開を、酒は微酔びすいに飲む。
このうちおおいに佳趣かしゅあり。
爛漫骸醄らんまんかいとういたらば、
便すなわ悪境あくきょうす。
盈満えいまんむ者、よろしくこれおもうべし。

 

 

{意解}  
花を観賞するなら五分咲きの頃、
酒を飲むならほろ酔い機嫌のあたりでやめておく。
このような状態がこの上なく素晴らしいのだ。
酔っぱらってヘドを吐くような飲み方はよろしくない。
盈満えいまんむ者は、よろしくこれを思うべし」  
満ち足りた境遇きょうぐうにある人は、 このことをよく考えてほしいということだ。

 つまりこの一句は、花の見方や酒の飲み方を語りながら、
実は人生の生き方を説こうとしている。  
なんでも思いどうりになる満ち足りた境遇は、 往々おうおうにして人をダメにする。
傲慢ごうまんになったり、変に意固地いこじになったりして、
かえって人から嫌われることが多い。  

むろん、したいことも十分にできないような、 あまりに不自由な境遇でも困る。
程々が良いということだ。  
恵まれた人でも、一つや二つ、思い道理にならないことを
抱えていたほうが良いのかもしれない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,025人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析