富は足ることを知るに在り|中国古典 名言に学ぶ

富は足ることを知るに在り50,96

富は足ることを知るに在り50,96

第四章

とみることをるに

ー富在知足ー     説苑
説苑ぜいえん:二十巻。前漢の劉向の撰。前賢先哲の逸話集。)

{原文}
富在知足、
貴在求退。

{書き下し文}
とみることをるにり、
退しりぞくをもとむるにり。

富は足ることを知るに在り50,96

富は足ることを知るに在り50,96

{意解}
本当の豊かさは、もう十分だと認識にんしきするところにあり。
本当のとうとさとは、一歩退しりぞいて謙虚けんきょであろうとするところにこそある。

 どんなにお金を貯め資産を増やしたところで、これで十分だということはないらしい。できれば、もっと増やしたいと、誰もが願っている。故に、増やすことによっては本人の満足感は得られない。そういう意味で、「とみ」というのは、本人が満足したところにあるという指摘してきは、十分な説得力を持っている。

韓非子かんぴし」に、こんな話がっている。あるとき、斉国の王桓公かんこう宰相さいしょう管仲かんちゅうに向かって、「富には限界があるものだろうか」と尋ねたところ、こんな返事が返ってきたという。
「水の限界は水のなくなるところ、富の限界は、それに満足するところにあります。しかし、人間は満足することを知らず、ついに身を滅ぼしてしまいます。あるいは、これが限界なのかもしれません。」
「富」を追求するのもいいが、それによって身を滅ぼすようなおろかさだけはけたいものである。

老子 第46章に「禍は足るを知らざるよりも大なるはなし」とあり、
人間の欲望は必ずエスカレートする。 欲望の赴くところは際限を知らない。
そんな欲望に引きずられて突っ走れば、 いずれは必ず足を踏み外す。
これが「老子」の認識であり、中国人の認識であった。
ることをる「知足ちそく」は すべての物事にあふれている現代においては
特に心にいましめておく言葉に思う。(吾唯足知)

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 着実に生きる and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.