Blog

Pocket

第四章


 

とみることをるに

 

ー富在知足ー     説苑
説苑ぜいえん:二十巻。前漢の劉向の撰。前賢先哲の逸話集。)

 

{原文}
富在知足、
貴在求退。

 

{書き下し文}
とみることをるにり、
退しりぞくをもとむるにり。
 


 

{意解}
本当の豊かさは、もう十分だと認識にんしきするところにあり。
本当のとうとさとは、一歩退しりぞいて謙虚けんきょであろうとするところにこそある。
 
 どんなにお金を貯め資産を増やしたところで、
これで十分だということはないらしい。
できれば、もっと増やしたいと、誰もが願っている。
故に、増やすことによっては本人の満足感は得られない。
 
 そういう意味で、「とみ」というのは、
本人が満足したところにあるという指摘してきは、
十分な説得力を持っている。
 
韓非子かんぴし」に、こんな話がっている。
あるとき、斉国の王桓公かんこう宰相さいしょう管仲かんちゅうに向かって、
「富には限界があるものだろうか」と尋ねたところ、
こんな返事が返ってきたという。

 
「水の限界は水のなくなるところ、
富の限界は、それに満足するところにあります。
しかし、人間は満足することを知らず、
ついに身を滅ぼしてしまいます。

あるいは、これが限界なのかもしれません。」
 
 「富」を追求するのもいいが、
それによって身を滅ぼすようなおろかさだけは
けたいものである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 78,346 アクセス

最近の投稿

アクセス解析