富はčļŗることをįŸĨるãĢ在りīŊœä¸­å›Ŋ古典 åč¨€ãĢå­Ļãļ

富はčļŗることをįŸĨるãĢ在り

富はčļŗることをįŸĨるãĢ在り

įŦŦ四įĢ 

į€åŽŸãĢį”Ÿãã‚‹

富とãŋはčļŗたることをįŸĨしるãĢ在あり

ãƒŧ富在įŸĨčļŗãƒŧ     čĒŦ苑
īŧˆčĒŦč‹‘ãœã„ãˆã‚“īŧšäēŒååˇģ。前æŧĸぎ劉向ぎ撰。前čŗĸå…ˆå“˛ãŽé€¸čŠąé›†ã€‚īŧ‰

īŊ›åŽŸæ–‡īŊ
富在įŸĨčļŗ、
č˛´åœ¨æą‚é€€ã€‚

īŊ›æ›¸ãä¸‹ã—æ–‡īŊ
富とãŋはčļŗたることをįŸĨしるãĢ在あり、
č˛´ãã¯é€€ã—ã‚Šãžãã‚’æą‚ã‚‚ã¨ã‚€ã‚‹ãĢ在あり。

富はčļŗることをįŸĨるãĢ在り

富はčļŗることをįŸĨるãĢ在り

īŊ›æ„č§ŖīŊ
æœŦåŊ“ãŽčąŠã‹ã•ã¯ã€ã‚‚ã†ååˆ†ã ã¨čĒč­˜ãĢんしきするところãĢあり。
æœŦåŊ“ãŽč˛´ã¨ã†ã¨ã•ã¨ã¯ã€ä¸€æ­Šé€€ã—ã‚Šãžã„ãĻčŦ™č™šã‘んきょであろうとするところãĢこそある。

 おんãĒãĢãŠé‡‘ã‚’č˛¯ã‚čŗ‡į”Ŗをåĸ—やしたところで、
これで十分だということはãĒいらしい。
できれば、もãŖとåĸ—やしたいと、čĒ°ã‚‚ãŒéĄ˜ãŖãĻいる。
故ãĢ、åĸ—やすことãĢよãŖãĻはæœŦäēēぎæē€čļŗ感は垗られãĒい。

 そういう意å‘ŗで、「富とãŋ」というぎは、
æœŦäēēがæē€čļŗしたところãĢあるという指摘しãĻきは、
十分ãĒčĒŦ垗力を持ãŖãĻいる。

「韓非子かんぴし」ãĢ、こんãĒčŠąãŒčŧ‰ãŽãŖãĻいる。
あるとき、斉å›ŊぎįŽ‹æĄ“å…Ŧかんこうが厰į›¸ã•ã„しょうぎįŽĄäģ˛ã‹ã‚“ãĄã‚…ã†ãĢ向かãŖãĻ、
「富ãĢは限į•ŒãŒã‚るもぎだろうか」と尋ねたところ、
こんãĒčŋ”äē‹ãŒčŋ”ãŖãĻきたという。

「水ぎ限į•Œã¯æ°´ãŽãĒくãĒるところ、
富ぎ限į•Œã¯ã€ãã‚ŒãĢæē€čļŗするところãĢありぞす。
しかし、äēē間はæē€čļŗすることをįŸĨらず、
遂ついãĢčēĢをæģ…ãŧしãĻしぞいぞす。

あるいは、これが限į•ŒãĒぎかもしれぞせん。」

 「富」をčŋŊæą‚ã™ã‚‹ãŽã‚‚ã„ã„ãŒã€
それãĢよãŖãĻčēĢをæģ…ãŧすようãĒ愚おろかさだけは
éŋさけたいもぎである。

īŧŠå‚č€ƒčŗ‡æ–™īŧšã€Œä¸­å›Ŋ古典一æ—Ĩä¸€č¨€ã€åŽˆåą‹æ´‹(著)をもとãĢ、
č‡Ē分ãĒりãĢčŋŊč¨˜ã‚„č§Ŗ釈しãĻæŽ˛čŧ‰ã—ãĻいぞす。

į§ãŸãĄã¯ã€æ—Ĩ々、äŊ•ã‚’するãĢしãĻも
大ãĒり小ãĒり、æąē断īŧˆé¸æŠžīŧ‰ã‚’しãĻいる
そぎ折々ãĢ思いå‡ēし、
より善い選択īŧˆæąē断īŧ‰ãŒã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢ
č˛´æ–šã‚‚į§ã‚‚ 在りたいですね。

ナã‚Ēãƒŗ ãĢついãĻ

čļŖå‘ŗで「中å›Ŋ古典 åč¨€ãĢå­Ļãļ ナã‚ĒãƒŗãŽč¨€č‘‰ãŽæ•Ŗ歊道」、愛įŠŦぎåĨåēˇæ”šå–„ãĢと思いčĒŋæŸģした「愛įŠŦぎåŒģį™‚č˛ģ削減ãĢįš‹ãŒã‚‹æžœį‰Šãƒģé‡ŽčœãŽčƒŊ力īŧåŠščƒŊ劚果を垚åē•č§ŖčĒŦīŧã€ã‚’å…Ŧ開しãĻã„ãžã™ã€‚ã”čˆˆå‘ŗがございぞしたら、čĻ—いãĻčĻ–ãĻ頂ければåŦ‰ã—いです。
ã‚ĢテゴãƒĒãƒŧ: į€åŽŸãĢį”Ÿãã‚‹ ã‚ŋグ: , , , , , , パãƒŧマãƒĒãƒŗク

ã‚ŗãƒĄãƒŗトを掋す

ãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚がå…Ŧ開されることはありぞせん。 â€ģ がäģ˜ã„ãĻいるæŦ„はåŋ…須項į›Žã§ã™

CAPTCHA


こぎã‚ĩイトぱパムをäŊŽæ¸›ã™ã‚‹ãŸã‚ãĢ Akismet をäŊŋãŖãĻいぞす。ã‚ŗãƒĄãƒŗトデãƒŧã‚ŋぎå‡Ļį†æ–šæŗ•ãŽčŠŗį´°ã¯ã“ãĄã‚‰ã‚’ã”čĻ§ãã ã•ã„。