熱鬧の中に一冷眼を着くれば、便ち許多の苦心思を省く|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第四章

 

熱鬧ねっとうの中に一冷眼いちれいがんくれば、便すなわ許多きょた苦心思くしんしはぶ

ー熱鬧中着一冷眼、便省許多苦心思ー  菜根譚 後集第五十八項
(菜根譚:明の洪自誠の編。前集222項、人と交わり、事治、
変に対応する道を説き、後集135項、退静閑居の楽しみを論じる)

{原文}
熱閙中、着一冷眼、
便省許多苦心思。
冷落処、存一熱心、
便得許多真趣味。

{書き下し文}
熱閙ねつとうなか一冷眼いちれいがんくれば、
便すなわ許多きょた苦心思くしんしはぶく。
冷落れいらくところ一熱心いつねっしんそんせば、
便ち許多のしん趣味しゅみる。

 

{意解}
熱閙ねつとう」とは、あわただしく動き回っている状態。
そういう中にあっても、冷静に辺りを見回すだけの余裕があれば、
随分と心のいらいらを解消することができる。
落ちぶれた状態の時に、物事に情熱を以て対処できたら、
多くの真の物事の持つ意味を理解できる、という。

 ちなみに、「許多きょた」は、たくさん、多く、
苦心思くしんし」は、苦しい思い、という意味である。

 慌ただしく動き回っていると、どうしても気持ちが上ずってくる。
ミスも出やすく、事故も起こりやすい。
それを避けるためには、常に沈着な判断力を保つ必要がある。

 体は動き回り、頭は目まぐるしく回転していても、
心はいつも冷静でなければならない。
そのためにはまた気持ちに余裕が欲しいのだという。

忙中閑有ぼうちゅうかんあり」という。「しずかな」時を持てれば一番良いのだが、
忙中忙ぼうちゅうぼう」の人は、普段から意識的に努力して
冷静な判断力を養っておく必要がある。

「菜根譚」のこの言葉は、「忙中忙」の我々には格好のアドバイスだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください