人はその長ずる所に死せざるは寡なし|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第四章

 

人はそのちょうずるところせざるはすくな

 

ー人者、寡不死其所長ー    墨子 親士
(墨子:十五巻。墨擢とその学派の学説を記したもの。墨擢の撰といわれているが、
その門人の撰であると現在では考えられている。)

 

{原文}
今有五錐、此其銛、銛者必先挫。
有五刀,此其錯,錯者必先靡。
是以甘井先竭、招木先伐、
霊亀先灼、神蛇先暴。
是故比干之殪、其抗也。
猛賁之殺、其勇也。
西施之沈、其美也。
呉起之裂、其事也。
故彼人者、寡不死其所長。
故曰、太盛難守也。

 

{意解}  
人間はその長所が災いして、かえって死を早めることが多いのだという。
これもまた一面の真理である。  

ここに五本のきりるとして、一番最初にくじけてしまうのは一番鋭利えいりなものである。
五本の刀では切っ先の鋭いものが先にれてしまう。  

おいしい水がく井戸が先にきてしまい、立派な木は先に切り倒され、
霊亀れいきは先に焼かれ、神蛇かんじゃは先にあばかれてしまう。  
これは丁度、比干ひかん紂王ちゅうおうに殺されたのは、不義にこうして義を貫こうとしたからだ。
猛賁もうほんはその武勇によって殺され、
西施せいしはその美しさのあまり河に沈められ、
呉起ごきはその手腕をうとまれて車裂の刑を受けたことと同じである。
人間は、その長所がわざわいして、かえって死を早めることが多い。
ゆえに、大いに盛んなるものを守るのは難しいと言う。  
 
 能力に恵まれたからといって、
必ずしも喜んでばかりはいられないということかもしれない。
 

墨家十論 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 


 
*「兼愛」:すべての人を公平に隔たり無く愛する。
*「非攻」:侵略目的の争いを否定する。
*「尚賢」:貴賤を問わず、能力のある人物を登用する。
*「尚同」:正しい目的・考え方にすべての人々・社会が従うことで、
価値基準を一つにして社会秩序守られ、社会が繁栄する。
*「節用」:無駄な出費を抑え、節約する。
*「節葬」:葬礼を簡素にし、葬祭・祭礼にかかる浪費を防ぐ。
*「非命」:宿命論を否定する。人は努力して働くことで、
自分や社会の運命を変えることができる。
*「非楽」:人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざけるような
過剰な娯楽を否定する。
*「天志」:天の意思は人々が正しいことを当たり前におこなうことであり、
憎しみ合いや争いはやめなければならない。
*「明鬼」:人々の善悪の行いを監視して賞罰を与える鬼神が存在し、
争いなどの悪い行いは罰せられる。
 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください