free web hit counter

 

Blog

Pocket

第四章

 

人はそのちょうずるところせざるはすくな

 

ー人者、寡不死其所長ー    墨子 親士
(墨子:十五巻。墨擢とその学派の学説を記したもの。墨擢の撰といわれているが、
その門人の撰であると現在では考えられている。)

 

{原文}
今有五錐、此其銛、銛者必先挫。
有五刀,此其錯,錯者必先靡。
是以甘井先竭、招木先伐、
霊亀先灼、神蛇先暴。
是故比干之殪、其抗也。
猛賁之殺、其勇也。
西施之沈、其美也。
呉起之裂、其事也。
故彼人者、寡不死其所長。
故曰、太盛難守也。

 

{意解}  
人間はその長所が災いして、かえって死を早めることが多いのだという。
これもまた一面の真理である。  

ここに五本のきりるとして、一番最初にくじけてしまうのは一番鋭利えいりなものである。
五本の刀では切っ先の鋭いものが先にれてしまう。  

おいしい水がく井戸が先にきてしまい、立派な木は先に切り倒され、
霊亀れいきは先に焼かれ、神蛇かんじゃは先にあばかれてしまう。  
これは丁度、比干ひかん紂王ちゅうおうに殺されたのは、不義にこうして義を貫こうとしたからだ。
猛賁もうほんはその武勇によって殺され、
西施せいしはその美しさのあまり河に沈められ、
呉起ごきはその手腕をうとまれて車裂の刑を受けたことと同じである。
人間は、その長所がわざわいして、かえって死を早めることが多い。
ゆえに、大いに盛んなるものを守るのは難しいと言う。  
 
 能力に恵まれたからといって、
必ずしも喜んでばかりはいられないということかもしれない。
 

墨家十論 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 


 

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析