吉人の辞は寡く、躁人の辞は多し|中国古典 名言に学ぶ

吉人の辞は寡く、躁人の辞は多し

吉人の辞は寡く、躁人の辞は多し

第四章

吉人きつじんすくなく、躁人そうじんおお

ー吉人之辞寡、躁人之辞多ー  易経 繋辞下伝 第十二章
(易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。上下の「経」と、その注釈篇である。「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている。)

{原文}
將叛者其辭慙。
中心疑者其辭枝。

吉人之辭寡、躁人之辭多。
誣善之人其辭游、
失其守者其辭屈。

{書き下し文}
まさにそむかんとする者は、そのず。
心中疑う者は、その辞わかる。

吉人きつじんの辞はすくなく、躁人そうじんの辞は多し。
善をうるの人は、その辞ゆうし、
その守を失う者は、その辞くつす。

うる:事実を曲げていう。作りごとを言う。

吉人の辞は寡く、躁人の辞は多し

吉人の辞は寡く、躁人の辞は多し




{意解}
いまにもそむこうとしそうな者は、易の辞をじる。
心中を疑う者は、易の辞は分れる。

徳のあるりっぱな人の辞は少なく、さわがしい人の辞は多い。
善をいつわる人は、その辞はゆらゆらとおよぎ、
その守りを失う者は、その辞はくつする。

吉人きつじん」とは徳のある立派な人物。   
躁人そうじん」とはその反対である。
「徳のある人物は口数が少なく、徳のない者に限って、言葉を並べ立てる」
言葉というものは、その人の心の動きを正直にうつし出す。

 この「易経」は続けて 「人を裏切ろうとする者は、言葉に後ろめたさが現れる。
心に疑いを持っている者は、言葉に迷いが現れる。
悪を善だと言いくるめようとする者は、論旨に一貫性がなくなる。
信念を持たぬ者は、言葉使いも卑屈ひくつになる」

いずれも、真理だろう  
故に、言葉はよく考慮こうりょして、
発言は慎重しんちょうさをもってさなければならない。
ペラペラとよくしゃべるのは、「百害ひゃくがいあって一利いちりなし」のようである。

菜根譚 前集 72項の「十の語九中るも、未だ必ずしも奇と称せず」に
言っている事の九割が正しいからと言って、必ずしも優れた人間とは言えず、誤った一割の不備に非難が集まることがある。多弁なるが故に失敗した例は数えきれないほど多い。

備考:「易経」の構成

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントいただければ嬉しいです

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください