人生、一分を減省せば、すなわち一分を超脱す|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章

人生じんせい一分いちぶ減省げんせいせば、すなわち一分いちぶ超脱ちょうだつ

ー人生減省一分、便超脱一分ー   菜根譚 後集131項
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

{原文}
人生減省一分、便超脱一分。
如交遊減便免紛擾、
言語減便寡愆尤、

思慮減則精神不耗、
聡明減則混沌可完。

彼不求日減而求日増者、
真桎梏此生哉。

{書き下し文}
人生じんせいは、一分いちぶ減省げんせいせば、便すなわ一分いちぶ超脱ちょうだつす。
交遊こうゆうげんずれば便すなわ紛擾ふんじょうまぬがれ、
言語げんごげんずれば、便すなわ愆尤けんゆうすくなく、
思慮しりょげんずれば、便すなわ精神せいしんこうせず、
聡明そうめいげんずれば、すなわ混沌こんとんまったくす。
げんずるをもとめずして、日にすをもとむるは、
まことせい桎梏しつこくするかな。

* 減省げんせい:へらしはぶくこと
* 超脱ちょうだつ:世俗的な物事から、更に高い境地にぬけ出ること
* 紛擾ふんじょう:もめ事、ごたごた、紛争。
* 愆尤けんゆう:過失。
* 混沌こんとん:区別の無い世界。カオス。
* 桎梏しつこく:手かせ、足かせ、束縛。

{意解}
「この人生では、なにごとにつけ、減らすことを考えれば、
それだけ俗世間から脱け出すことができる。
たとえば、交際を減らせば、揉め事から免(まぬが)れる。

口数を減らせば、非難を受けることが少なくなる。
分別を減らせば心の疲れが軽くなる。
知恵を減らせば本性ほんしょうを全うできる。
減らすことを考えず、増やすことばかり考えている者は

この人生をがんじがらめにしているいるようなものだ」
と「菜根譚」は言い、

雑用ばかり増やして忙しがっている人は
「なんと哀れな者よ」という。

現代社会の歯車の中で(柵の中で)生きている私たちは、
人間関係を充実させることを思い煩い、
老いた俗人は饒舌じょうぜつゆえに陰口を言われ、
半端はんぱな思考ゆえに軽視され、ってうとまれる。

減らすことは難しく、苦痛に感じるかも知れない。
しかし、減らすことが少しでもできれば、
精神のストレスも減り、
自分を客観視できる時間も増える、
それが、人生の達人に近づける道なのかもしれない。

饒舌じょうぜつ:おしゃべり

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , パーマリンク

人生、一分を減省せば、すなわち一分を超脱す|中国古典 名言に学ぶ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: カルティエ 指輪 サイズ直し ラブリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください