四時の序、功を成す者は去る|中国古典 名言に学ぶ

四時の序、功を成す者は去る

四時の序、功を成す者は去る

第一章


四時しじじょこうもの

ー四時之序、成功者去ー   史記 春秋戦国 秦
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

{原文}
四時之序、
成功者去。

{書き下し文}
四時しじじょ
こうす者は去る。

四時の序、功を成す者は去る

四時の序、功を成す者は去る

{意解}

始皇帝が統一する前の秦国の宰相、范雎はんしょは内政・外交に卓越した手腕をふるい、君主の信頼も厚く絶頂期にあった。そこに蔡沢さいたくという人物が、引用して引退を勧告したことばである。
 「四時の序」とは、春夏秋冬、四季が移り変わる意。春は春の役割を終えれば夏に、夏は夏の役割を終えれば秋に主役の座を譲り、舞台の裏に身を引く。

”人間もそうあるべきだ”と語っています。

人は絶頂期にある時は、引退するなどということは毛頭考えない。しかし、この范雎はちがったし、吾聞く、欲してとどまるを知らざれば、その欲する所以ゆえんを失い、有してるを知らざれば、その有する所以ゆえんを失う、と。先生、幸いにしょ(范雎)に教う。つつしんで命を受けん」と答え、辞任したという。

周易上經 彖伝たんでん上、乾下乾上 乾為天にも「亢龍悔いあり」とある。頂上まで昇りつめた者はやがて転落の道をたどっていを残すことになる、いましめた言葉である。昇りつめた者が転落を免れるためには、身を引くタイミングを謝らないことが必要だ。遅くとも、昇りつめたそのときに、引退の潮時を考えるぐらいで、ちょうどよいのかもしれない。

自分の役割を果たし終えたらいさぎよく身を引く。これも生き方の一つの作法だろう。私思、映画「最後の忠臣蔵」の主人公を思い出します。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL