free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第一章

 


四時しじじょこうもの

 

ー四時之序、成功者去ー   史記 春秋戦国 秦
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

 

{原文}
四時之序、
成功者去。

 

{書き下し文}
四時しじじょ
こうす者は去る。

 


 

{意解}
始皇帝が統一する前の秦国の宰相、
范雎はんしょは内政・外交に
卓越した手腕をふるい、
君主の信頼も厚く絶頂期にあった。

そこに蔡沢さいたくという人物が、
引用して引退を勧告したことばである。

 「四時の序」とは、春夏秋冬、四季が移り変わる意。
春は春の役割を終えれば夏に、夏は夏の役割を終えれば秋に
主役の座を譲り、舞台の裏に身を引く。

”人間もそうあるべきだ”と語っています。

人は絶頂期にある時は、
引退するなどということは毛頭考えない。

しかし、この范雎はちがった
し、吾聞く、
欲してとどまるを知らざれば、
その欲する所以ゆえんを失い、
有してるを知らざれば、その有する所以ゆえんを失う、と。
先生、幸いにしょ(范雎)に教う。
つつしんで命を受けん」
と答え、辞任したという。

自分の役割を果たし終えたら
いさぎよく身を引く。
これも生き方の一つの作法だろう。

私思、映画「最後の忠臣蔵」の主人公を思い出します。

 

imagesCAS1KTEJ

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析