君子に三楽あり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章

 

君子くんし三楽さんらくあり

ー君子有三楽ー  孟子 盡心章句上
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ】

原文:
孟子曰、
君子有三樂,而王天下不與存焉。
父母俱存,兄弟無故,一樂也。
仰不愧於天,俯不怍於人,二樂也。
得天下英才而教育之,三樂也。
君子有三樂、而王天下不與存焉。

書き下し文:
孟子曰はく、
君子くんし三楽さんらくあり、しかして天下に王たるは、あずかそんせず。
父母ともに存し、兄弟ことなきは、一楽なり。
あおいで天にぢず、して人にぢざるは、二楽なり。
天下の英才を得て、之を教育するは、三楽なり。
君子に三楽有り、しかして天下に王たるは、あずかそんせず。」と。

意解:
君子には三つの楽しみがあるが、天下の王となることはその中に含まれない。
君子のような立派な人物には、三つの楽しみがあるのだという。
その三つとは何か。「孟子」によれば、こうである。

「父母ともに存し、兄弟故なきは、一の楽しみなり。
あおいで天にじず、して人にじざるは、二の楽しみなり。
天下の英才を得てこれを教育するは三の楽しみなり」

これを箇条書きにすると、つぎのようになる。
一、父母が共に健在で、兄弟がそろって息災であること
一、どこから見ても恥ずかしくない生き方をしていること
一、優れた英才を見出して、その成長を助けてやること

同じように人生を楽しむにしても、楽しみ方は人それぞれに違っている。
できれば君子の楽しみ方を心がけたいものだ。
つ、「君子には三つの楽しみがあるが、
天下の王となることはその中に含まれない」と念を押している。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください