寿ければ則ち辱多し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第一章

寿いのちながければすなわ辱多はじおお

ー寿則多辱ー  莊子 天地
【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

原文:
堯曰、
多男子則多懼、
富則多事、
壽則多辱
是三者、非所以養德也。
故辭。

書き下し文:
ぎょうわく、
男子だんしおおければすなわおそおおく、
めばすなわことおおく、
寿いのちながければすなわはじおおし。
三者さんしゃとくやしな所以ゆえんあらざるなり。
ゆえす、と。

おそれ:心配事

意解:
長生きすれば、それだけ恥をかく機会が多くなるというもの。
「莊子」の次の話が出典になっている。

むかし、聖王のぎょうという所に視察に行ったときのことである。
土地の役人が堯のために、「たくさんの男の子が授かりますように、
富に恵まれますように、長寿に恵まれますように」と祝福を捧げたが、
堯はこれを受けようとしない。役人が理由を尋ねたところ堯はこう答えたという。

「男の子が多いと心配事が絶えない。金持ちになるとわずらわしいことばかりだ。
長生きすれば、それだけ恥も忍ばねばならない(寿ければ則ち辱多し)。
だから、せっかくだがお断りしたのじゃ」

これはこれで立派な見識である。だが、「莊子」に言わせると、
そんな事にこだわっているのはまだ低いレベルで、
とうてい人生の達人とは言えないのだという。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

人生は楽しむためにある。楽しみなくして、なんの人生ぞや!

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください