free web hit counter

 

Blog

Pocket

 


ookiku1



鷦鷯しょうりょう深林しんりんくうも一枝いっしぎず

 

ー鷦鷯巣於深林不過一枝ー   荘子 逍遥遊篇 第一の二
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

 

{原文}
鷦鷯巣於深林不過一枝。
偃鼠飲河不過滿腹。
歸休乎君、予無所用天下為。

 

{書き下し文}
鷦鷯しょうりょう、深林に巣くうも一枝いっしぎず。
偃鼠えんそは河に飲むも腹を満たすに過ぎず。
休を君に帰せん、予は天下を用いて為す所なし。

 

{意解}
みそさざえという鳥は、
林の奥深くに巣を作るが、
使うのは一本の枝に過ぎないというもの。

「偃鼠(えんそ)、川に飲むも満腹に過ぎず」
カワウソは黄河の水を飲むけれども、
腹いっぱいになるだけあれば十分だ。
皆欲張らずに自分の分をわきまえている。
君よ、帰って休んでください。
私は天下を譲られたところで何もすることができません。
と荘子は続けています。

これは許由きょゆう(賢人)が聖天子のぎょうより
天下を譲ると言われた時に引用して断った言葉です。
許由も自分にできることは、ごく限られていると暗に言っている。

 人は皆、欲があり利益を見せられると
つい手を出したくなるものです。
欲に目がくらみ、一喜一憂する人生を送りがちに思われます。
欲は、人皆にあることで、誰もそれを笑うことはできないのである。

 この「荘子」の言葉を思い出して、自分の人生をかんがみる事も、
心の平常心を保つのに役に立つと思われる。
心のスキルアップ・無欲恬淡むよくてんたん

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。


 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析