free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第一章

 


笑って答えず、心自こころおのずかかんなり

 

ー笑而不答心自閑ー   古文新宝
(古文新宝:二十巻。宋の黄堅の編。前集・後集からなり、前集には、漢代から宋代までの
著名な詩、後集には、戦国末、楚の屈原から宋代までの著名な辞賦、文章を収めた詩文集)

 

{原文}
問余何事栖碧山、
笑而不答心自閑。
桃花流水杳然去、
別有天地非人間。

 

{書き下し文}
余に問う 何事か碧山へきざんむと、
笑って答えず こころおのずかかんなり 。
桃花流水とうかりゅうすい杳然ようぜんとしてり、
別に天地の人間じんかんあらざるあり。
 
杳然ようぜん:はるかに遠いさま
 


 

{意解}
唐の時代の詩人、 李白りはくの「山中答俗人」の詩の一節です。

なぜ、こんな山奥に住むのか の問いに ただ笑って答えず・・・

心自閑(こころおのずかかんなり)

現代でも都会を離れて 田舎で暮らそうとする人々も増えてきている。
都会の喧騒から解放され 四季折々の、自然の営みを 肌身に感じ

四季の移り変わりを楽しむ、
こんなひとときを
持てる 心のゆとりがほしいものですね。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,155 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析