蹞歩を積まざれば、以って千里に至るなし| 中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章

蹞歩きほまざれば、って千里せんりいたるなし

ー不積蹞歩、無以至千里ー    荀子 勧学編 九
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 {原文}
不積蹞歩、無以至千里。
騏驥一躍,不能十步。
駑馬十駕,則亦及之。
功在不舍。

{書き下し文}
蹞歩きほまざれば、って千里せんりいたるなし。
騏驥きき一躍いちやくにして十歩なることあたわず。
駑馬どば十駕じゅうがすればまたこれおよぶ。
こうめざるにあり。

蹞歩きほ:片足を踏みだすこと。半歩。

 

{意解}
荀子じゅんし』は「性悪説せいあくせつ」で有名ですが、
それは「天賦てんぷさい」生まれ持った素質そしつではなく、
学習や鍛錬たんれん、経験によって人はどのようにでも成長できると言っている。

一歩一歩を積まなければ、千里の道を行くことが出来ず。
足の速い名馬もひと飛びでは、十歩の距離も進めず、
足のにぶ駄馬だばも十日の行程こうていついやせば、
名馬の一日の行程に追いつくことができる。

このようなことができるのは日々に継続して努力するからである。

蹞歩きほ」とは、右足なり左足なりを一歩前へ進めること。
千里の道もそういう一歩を積み重ねていくことによって到達するものだという。
これもまた、普段の努力の大切なことを語った言葉に他ならない。

「目に見えない努力を積み重ねない者には、栄誉などおとずれるはずがないし、
目につかぬところで仕事の手を抜く者には、輝かしい成果などあがるはずはない」

つまり、人目のないところでも手を抜かない。
そんな仕事ぶりが「蹞歩きほ」なのだと、「荀子」は語っている。

*〔荀子・修身〕
「蹞歩而不休、跛鼈千里:蹞歩きほして休まざれば、跛鼈はべつも千里ならん」
足の悪いスッポンでも、
努力すれば千里の道を行くことができるということ。

跛鼈はべつ:足の悪いスッポン

能力の劣るものでも努力を惜しまなければ成功すると言っている。

備考:
驥一日而千里、駑馬十駕、則亦及之矣   荀子 脩身

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください