井を掘ること九仞、而も泉に及ばざれば、なお井を棄つと為すなり|中国古典 名言に学ぶ

井を掘ること九仞、而も泉に及ばざれば、なお井を棄つと為すなり

井を掘ること九仞、而も泉に及ばざれば、なお井を棄つと為すなり

第六章

ること九仞きゅうじんしかいずみおよばざれば、
なおつとすなり。

-堀井九仞、而不及泉、猶爲棄井也。-  孟子 盡心章句上 二十九
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

【原文】
孟子曰、
有爲者辟若掘井。
堀井九仞、
而不及泉、
猶爲棄井也。

【書き下し文】
孟子曰もうしいわく、
すことらんとする者は、へきるがごとし。
ること九仞きゅうじんなれども、
しかいずみおよばざれば、
なおつとす、と。

へき:例、例えば

井を掘ること九仞、而も泉に及ばざれば、なお井を棄つと為すなり

井を掘ること九仞、而も泉に及ばざれば、なお井を棄つと為すなり

【意解】
孟子は、
「なにか一つの事業を行うのは、例えば井戸を掘るようなものだ。九仞きゅうじんの深さまで掘ったとしても、水脈に達しないうちにやめてしまったのでは、井戸をてたも同然だ」

始めた仕事は途中であきらめたのではそれまでの努力・苦労がすべて水のあわとなってしまう、最後までやり通せと言っている。

しかし、水脈のない場所をどんなに掘っても水は出ない。そこに水脈が通っているか、確信がもてる程の事前調査じぜんちょうさ必須ひっすである。
あとは信じて、最後までやり抜く(完遂かんすい)だけである。私たちの人生にいても、何事もあきらめず最後までつらぬき通したいものである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 成功の心得 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.