先発すれば人を制し、後発すれば人に制せられる|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章


 

先発せんぱつすればひとせいし、後発こうはつすればひとせいせられる

ー先発制人、後発制以人ー  漢書
【漢書:百二十巻。前漢の歴史を記録した正史。
後漢の班彪と、その子班固、班昭の選。】

漢書:
原文:先発制人、後発制以人
書き下し文:先発せんぱつすればひとせいし、後発こうはつすればひとせいせられる

史記:
原文:先即制人、後則爲人所制
書き下し文:さきんずればすなわひとせいし、おくるればすなわひとせいするところ

意解:
漢書かんしょではしん始皇帝しこうてい亡き後、
項梁こうりょう項羽こううが反乱の挙兵をしたときのことばである。
史記しきでは会稽郡かいけいぐんの長官が語った言葉になっていて、
若干異なっているものの、
いずれにしても意味は同じである。

何事も先発の利点は有るが、それを成功に導くためには、
先発するだけでなく、的確な情勢判断であること、そして
後に続く第二、第三が用意されていること。
せっかく先発しても後が続かないのでは、これまたつぶされてしまう。

これらの条件を満たした上で先発すれば、
まさに鬼に金棒と言っていいだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください