柱に膠して瑟を鼓す| 中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章


ことじにかわしてしつ

ー膠柱而鼓瑟ー    史記 廉頗藺相如伝
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

{原文}
藺相如曰、王以名使括。
膠柱而鼓瑟耳。
括徒能讀其父書傳。
不知合變也。
趙王不聽。遂將之。

{書き下し文}
藺相如りんしょうじょ曰く、王は名をもっかつを使う。
ことじにかわしてしつするがごときのみ。
かつだにちち書伝しょでんむのみ。
へんうをらざるなり、と。
趙王ちょうおうかず。ついこれしょうとす。

*WEB漢文大系:琴柱に膠す より引用

{意解}
 琴柱ことじにかわ(接着剤)で固定してしまったのでは、
同じ音しか出ず曲にならない。

融通ゆうずうかない固まった思考をたとえたのが、このことばである。

 戦国時代、趙の国に、趙奢ちょうしゃという名将がいた。
その子の趙括ちょうかつも、幼少より兵法書を研究し、
軍事にかけては、右に出るものはいないと自負していた。

 趙奢の死後、この趙括が趙軍の総司令官に任命されて
秦の大軍を迎え撃つことになった。

しかし、趙括はあえなく惨敗をきつし、戦死してしまう。
何故なにゆえ、趙括は敗れたのか。
かれが総司令官に任命された時、
重臣の藺相如りんしょうじょが反対していったことばが

趙括ちょうかつの兵法は、
琴柱ことじにかわしてしつ(大琴)をするようなもの。

理屈こそ達者であるが、実践では、臨機応変りんきおうへんな指揮などできない」である。

趙括ちょうかつの敗因は、実践体験に乏しい固まった思考にあったためである。

まさに、「人はすべからく事上じじょうってみがくべし」である。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください