その能を矜れば、その功を喪う|中国古典 名言に学ぶ

その能を矜れば、その功を喪う

その能を矜れば、その功を喪う

第六章

そののうほこれば、そのこううしな

ー矜其能、喪其功ー    書経 説命中えつめいちゅう
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

{原文}
有其善、喪厥善。
矜其能、喪厥功。
自有其善、則己不加勉而德虧矣。
自矜其能、則人不效力而功隳矣。

{書き下し文}
ぜんりとせば、ぜんうしなう。
のうほこれば、こううしなう。
みずかぜんりとせば、すなわ己勉おのれべんくわえずして德虧とくかく。
みずかのうほこれば、すなわち人ちからいたさずしてこうやぶる。

その能を矜れば、その功を喪う

その能を矜れば、その功を喪う




{意解}
善を持っていると思い上がると、持っている善を失ってしまう。
のう(才能・能力)があると思い上がると、能力を失ってしまう。
自分が善を持っていると思い上がると、善につとめなくなるので
持っている善を失ってしまう。
自分に能があると思い上がると、能をみがかないので能力を失ってしまう。

のう」ー能力・才能。これは人が生きていくうえで有力な武器となる。これに恵まれた者は、成功する可能性が高く、リーダーとしての必要な条件の一つである。

しかし、持っている能力も、これ見よがしにひけらかし、思い上がると、たちまち周囲の反感を買ってしまう。反感を買うぐらいですめばよいが、赴くところ、最悪、功績も地位も失ってしまう場合も少なくない。歴史を調べてみると、そういう例がきわめて多いのである。

さすがにある程度年輪を重ねた者は、そのへんの機微をよく心得ているようで、鼻の先に能力をぶら下げて歩いているような人物は少ない。だが、若い世代には、けっこう、そんな人間が多い。こういうタイプは、よほど自覚して能力を隠すようにしないと、大成はむずかしいように思われる。

のうあるたかつめかく
才能や実力のある者は、
軽々しくそれを見せつけるようなことはしないほうがよいだろう。

老子 玄徳 第五十六に「その光を和らげ、その塵に同じうす」とある。知恵の光を和らげ、俗世と同化させる。老子の「和光同塵わこうどうじん」である。人間、自分の才能をひけらかしたり、「おれが、俺が」と出しゃばるような生き方をせず「」のこういう偉大な徳を身につけることができれば  どんな時代でも、生き抜いていくことができると いている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください