free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第六章

 

こうぎょうつるは、おおくは虚円きょえんなり

 

ー健功立業者、多虚円之士ー  菜根譚 前集194項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
建功立業者、
多虚円之士。

僨事失機者、
必執拗之人。

 

書き下し文:
功を建て業を立つるは、
多くは虚円の士なり。
事をやぶり機を失うは、
必ず執拗の人なり。
 


 

意解:
事業を成功させ、功績を立てるのは、素直で機転のきく人物だ、と。
続けて「事を僨り機を失うは、必ず執拗の人なり」
事業を失敗させ、チャンスを逸するのは、
きまって強情で融通のきかない人物だと言っている。
 
虚円きょえん」とは、既成の固定観念にとらわれず、
情勢の変化に柔軟に対応できる能力で、
危機管理能力に長けたタイプだと言える。
 
対し、「執拗しつよう」とは、自分の考えに固執する強情な性格ゆえ、
流動する情勢に柔軟に対応できない。
故に、明暗が分かれるのも明白である。
 
若いときは「虚円」でも、年をとると「執拗・強情」になる、
又、若いときは「執拗・強情」でも、年をとり、事上に在って磨かれ「虚円」になる。
如何なる時も、学ぶ謙虚な心が有れば変われるものである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析