時務を識るは俊傑に在り|中国古典 名言に学ぶ

時務を識るは俊傑に在り

時務を識るは俊傑に在り

第六章

成功の心得

時務じむる者は俊傑しゅんけつ

ー識時務者在為俊傑ー    十八史略 巻三 東漢
(十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの。)

{原文}
琅邪諸葛亮、寓居襄陽隆中。
毎自比管仲・楽毅。

備、訪士於司馬徽。
徽曰、識時務者在俊傑
此間自有伏龍・鳳雛。
諸葛孔明・龐士元也。
徐庶亦謂備曰、諸葛孔明臥龍也。
三往乃得見亮、問策。
亮曰、操擁百萬之衆、挟天子令諸侯。
此誠不可興争鉾。
孫権據有江東、國険而民附。
可興為援、而不可圖。
荊州用武之國、益州険塞、沃野千里、天府之土。
若誇有荊・益、保其巌阻、
荊州之軍向苑・洛、
益州之衆出秦川、誰不箪食壺漿、
以迎将軍呼。
備曰、善。
興亮情好日密。曰、
孤之有孔明、猶魚之水也

{書き下し文}
琅邪ろうや諸葛亮しょかつりょう襄陽じょうよう隆中りゅうちゅう寓居ぐうきょす。
つねみずか管仲かんちゅう楽毅がくきす。

備、士を司馬徽しばきふ。
曰く、時務じむる者は俊傑しゅんけつり。
此の間自ら伏龍ふくりゅう鳳雛ほうすう有り。
諸葛孔明しょかつこうめい龐士元ほうしげんなり、と。
徐庶じょしょひて曰く、諸葛孔明は臥龍がりゅうなり、と。
三たびいてすなわりょうまみえるをさくふ。
りょう曰く、そう、百萬の衆をようし、天子をはさみて諸侯にれいす。
まこときょうほこあらそからず。
孫権そんけん、江東に據有きょゆうし、國けんにして民く。
きょうえんくして、はかからず。
荊州は武をもちふるの國、益州は険塞けんさい沃野ようや(肥えた土地)千里、天府てんぷなり。
けいえき跨有こゆう(合わせ領有する)し、
巌阻がんそ(けわしい要害の地)を保ち、

天下変有へんあらば、荊州の軍はえんらくむかひ、
益州の衆は秦川しんせんでば、誰か箪食壺漿たんしこしょう(軍隊を歓迎)して、
って将軍を迎へざらんや、と。
備曰く、善し、と。
亮と情好じょうこう日にみつなり。
曰く、

の孔明有るは、なお魚の水有るがごとし、と。

時務を識るは俊傑に在り

時務を識るは俊傑に在り

{意解}

諸葛亮は琅邪陽都ろうやようとで生まれ、襄陽じょうよう隆中りゅうちゅうで仮住まいの生活を送っていたが、常に自らを管仲かんちゅう楽毅がくきに比して、管仲のごと大経綸だいけいりんと楽毅の如き武略を得んと大志を抱く。
 ある時、劉備は司馬徽しばきを訪ねてこの地方に人物はいないかを問うた。
司馬徽曰く、
この時代の流れを把握し、すべき事を知っているのは俊傑しゅんけつしかいない。
この地方において俊傑と呼べるのは伏龍ふくりゅう諸葛孔明しょかつこうめい
鳳雛ほうすう龐士元ほうしげんが第一であろう、と。

諸葛亮の親友であった徐庶じょしょもまた劉備に教えて云った。
諸葛亮は臥龍がりゅうすなわちまだ飛び上がっておらぬ龍の如き人物である、と。
そこで三顧の礼さんこのれいつくして諸葛亮と会見し、その策を問うた。
諸葛亮曰く、
曹操は軍卒百万、天子をようして諸侯に号令している。
これとまともに戦ってはいけない。
孫権は江東を領有し、国はけんにして民はよく心服している。
これとは手を取り合うべきで、征服することは不可である。
今、将軍が目を向けるべきは
この荊州と険阻けんそ(険しい地形)にして豊かで広大な地、益州である。

この二州を領有して時宜じぎうかがい、時を得れば荊州からはえん洛陽らくように、
益州からは秦川しんせんで、天下にとなえることも可能となる。
その時は、箪食壺漿たんしこしょう(歓迎 )して
将軍を迎えぬ人民はおらぬことでありましょう、と。

劉備曰く、
善し、と。
これより諸葛亮は出廬しゅつろ(表舞台に出る)し、
劉備はこれを重宝して日に日に親密になっていった。

ある時、劉備はった。
われに孔明有るは、魚に水有るがごとき(水魚之交すいぎょのまじわりものである、と。

時務じむる」とは、現代とはどういう時代なのか、時代の流れをしっかりとつかみ、
そのなかで何をなすべきかを知っていること。それができるのが、すなわち「俊傑しゅんけつ」なのだという。「三国志」の劉備が荊州に身を寄せて不遇ふぐうをかこっていたとき、司馬徽しばきという人物を訪ねて意見を求めた。司馬徽しばきが語るには、「儒生俗士じゅせいぞくし、あに時務じむらんや。時務じむるは俊傑しゅんけつり」と言って、伏竜ふくりゅうの諸葛亮、鳳雛ほうすう龐統ほうとう、二人の人物を紹介した。

やがて劉備はこの二人を軍師に迎え、それがキッカケとなって大きく羽ばたいていくのである。これでみると「俊傑しゅんけつ」とは、
①時代に対する深い洞察力、
②適切な企画力、
この二つを兼ね備えた人物を指すらしい。これはまた時代を生きるための条件でもあろう。

三国志 諸葛孔明 後出師表に「鞠躬尽力、死して後已まん」とある。これは、孔明が二代目劉禅りゅうぜんたてまつった出陣の挨拶状あいさつじょうとでも言うべき「後出師ごすいしひょう」の結びのところに出てくる。「鞠躬きっきゅう」とは、上の者の命令をかしこんでうけたまわるといった意味で、この場合、命令とは劉備の遺言ということになろう。孔明の後半生はまさに「鞠躬尽力」そのものであり、それが長く人々の感動を誘う理由となっている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください