free web hit counter

 

Blog

Pocket


おもんばからずんばなんん、さずんばなんらん

 

ー弗盧胡獲、弗為胡成ー    書経 太甲下篇
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
弗盧胡獲、
弗為胡成。

 

{書き下し文}
おもんばからずんばなんん、
さずんばなんらん。
 


 

{意解}
 役立つ情報も、左から右ではなんともしがたい。
現代の溢れている情報にながされず、
自分の頭で熟考し、身につけなさい。

身につけた知識も役立てなければ
無に終わるといっている。

 

上杉鷹山うえすぎようざんんだ詩に
せはる さねはらぬ 何事なにごと
らぬはひとの さぬなりけり

何事も、やればできる。やらなきゃできない。
できないという人は(考えるだけで)実際に行動を起こさないからだ。
と詠んでいる。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析