有りて施さざれば、窮して之を救ふもの無きなり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

    

第七章

りてほどこさざれば、きゅうしてこれすくふものきなり

ー有而不施、窮無与救也ー  荀子 法行篇
【荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた】

原文:
孔子曰、
君子有三思、不可不察也。
少而不学、長無能也。
老而不教、死莫之思也。
有而不施、窮無之救也。
故君子少思其長則務學、
老思其死則務教、
有思其窮則務施。

書き下し文:
孔子曰こうしいわく、
君子に三思有さんしあり。さつせざるべからざるなり。
すくなくしてまなばざれば,ちょうじて能無のうなきなり。
いておしへざれば,してもこれおもふものきなり。
ゆうしてほどこさざれば、きゅうしてこれすくふものきなり。
ゆえ君子くんしすくなきときは、ちょうおもひてすなわがくつとめ、
いてはおもひてすなわきょうつとめ、
ゆうするときはきゅうおもひてすなわつとむ、と。

意解:
孔子は言っている「君子には三つの思慮しりょがある。考えておかなくてはいけない。
若いときに学ばなかったなら、成長しても能のない人になる。
老いてから教えなくては,死んだ後も、この人を思う者はいない。
物が有って、人にほどこさなければ,困窮こんきゅうしても、このひとを救う者はいない。
ゆえに、君子は若いときは、自分が壮年そうねんとなった時を思って学習に努め、
老いては自分の死後を思って教導きょうどうつとめ,
物が有れば其の困窮こんきゅうしたときを思って、ほどこしにつとめるのである」

我々日本人は、「りてほどこす」ことが苦手なように思われる。
外国の有名な芸能人が養子縁組をしたり、福祉活動に積極的取り組んだりと、
其の「仁愛じんあい」の行動に敬意を表したい。
わたしたちはもっと「ほどこす」ことを意識すべきであろう。

仁愛じんあい:情け深い心で人を思いやること。いつくしむこと

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください