人に接しては則ち渾てこれ一団の和気|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

ひとせつしてはすなわすべてこれ一団いちだん和気わき

ー接人渾是一団和気ー  近思録
【近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト】

原文:
接人渾是一団和気

書き下し文:
ひとせつしてはすなわすべてこれ一団いちだん和気わき

意解:
一見して冷たさを感じさせる人物とか、
トゲトゲしい雰囲気を持った人物のもとには、人は集まってこない。
人に好かれるのは、親しみやすく、なごやかな雰囲気をまとい、
暖かさを感じさせる人物である。
それがここで言っている「和気」である。
「和気」もまた人間関係を円滑にする重要な条件である。

しかし、いくら「和気」が必要だからといって、
取ってつけたような、上辺うわべだけのものでは、かえって逆効果だ。
そんなものは、簡単に感じ取られ、見破られてしまう。
ほしいのは、内面からにじみ出てくる「和気」である。

「菜根譚|前集ー163」にも、同様な一節がある。
原文:
念頭寛厚的、
如春風煦育、
万物遭之而生。
念頭忌刻的、
如朔雪陰凝、
万物遭之而死。

書き下し文:
念頭ねんとう寛厚かんこうなるは、
春風しゅんぷう煦育くいくするがごとし、
万物ばんぶつこれにいて生ず。
念頭ねんとう忌刻きこくなるは、
朔雪さくゆき陰凝いんぎょうするが如し、
万物ばんぶつこれにいて死す。

意解:
心が広く温厚おんこうな人は、
春風が恵みをかけて暖かく育てるように、
万物がそのおかげで成長する。
心が嫉妬深しっとぶか薄情はくじょうな人は、
北国の雪がこおらせるように、
万物がそのためにれて死する。 と。

心の温かさ、そしてそこからにじみ出てくる「和気」、
これが必要なのである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください