我に投ずるに桃を以ってすれば、これに報ゆるに李を以ってす|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

われとうずるにももってすれば、
  これにむくゆるにすももってす

ー投我以桃、報之以李ー  詩経
【詩経:中国最古の詩集。周初から春秋時代中ごろまでの詩を集めている。
現存するものは三百五篇。五経の一つで、初めは単に「詩」といったが、
宋代以降「詩経」と呼ばれるようになった】

原文:
投我以桃、
報之以李。

書き下し文:
われとうずるにももってすれば、
これにむくゆるにすももってす。

意解:
ももをもらったらすももをもってお返しをするということ。

私達は日々の生活の中で、
様々な人から、お互いに恩恵おんけい恩義おんぎをこうむりながら生きている。
どんな些細ささい恩義おんぎでも、受けた恩義おんぎには必ずお返しをする(返礼)というのは、
基本的な人生作法の一つである。

一飯いっぱんとくかならつぐない」(史記しき范雎蔡沢はんしょさいたく列伝)という記述もある。

原文:
一飯之徳必償、睚眦之怨必報。

書き下し文:
一飯いっぱんとくかならつぐない、睚眦がいさいうらみもかならむくゆ。

*睚眦(がいさい):ちょっとにらまれたくらいのわずかなうら

睚眦がいさいうらみもかならむくゆ」とちょっと怖い記述であるが
史記は事実の追求という史書編纂ししょへんさんの目的においての記述だろう。
外交戦略上、おんにしてもうらみにしても淡泊たんぱくではないという国民性も
知っておくべきと思われる。

人は知らず知らずのうちに相手に与えてしまっているうらみ、
分かっていて駆け引き上、相手より優位になるための威嚇いかく等、
人間関係は複雑に絡み合っている。

だが、おかえし、つぐないのできるものはしたほうがいい。
些細ささいうらみでも背負せおったまま人生を終わるのは、
できるだけけたいものである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください