Blog

Pocket

第七章


 

細人さいじんひとあいするや、姑息こそくってす

 

ー細人之愛人也以姑息ー  礼記
【礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ】

 

原文:
君子之愛人也以德、
細人之愛人也以姑息。

 

書き下し文:
君子の人を愛するやとくってし、
細人の人を愛するや姑息こそくってす。
 


 

意解:
「君子の人を愛するやとくってす」とは
相手のために何でもしてあげたいと云う心からの言動、
見返りを求めない「無償むしょうの愛」ということだろう。
 
「細人の人を愛するや姑息こそくってす」は
「細人」は小人と同じ意で、つまらぬ人間の意。
その場しのぎで、何らかの見返りを求める
薄っぺらな愛ということだろう。
 
意図的いとてきに飾られた愛がなんと多いことか・・・
しかし、人の心は「じん」も持ち合わせている。
意図的いとてきに飾られた愛」が「無償むしょうの愛」と昇華しょうかする事も
多いと願う。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 78,355 アクセス

最近の投稿

アクセス解析