Blog

Pocket

第七章


 

ひとるものは眸子ぼうしよりきは

 

ー存乎人者、莫良於眸子ー  孟子 離婁章句上15
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ】

 

原文:
孟子曰、
在乎人者、莫良於眸子。
眸子不能奄其惡。
胸中正、則眸子瞭焉。
胸中不正、則眸子眊焉。
聽其言也、觀其眸子、人焉廋哉。

 

書き下し文:
孟子曰もうしいわく、
人をするは、眸子ぼうしより良きはし。
眸子ぼうしの惡をおおうことあたわず。
胸中正しきときは、すなわ眸子ぼうし瞭焉りょうえんたり。
胸中正しからざるときは、すなわ眸子ぼうし眊焉ぼうえんたり。
げんき、眸子ぼうしれば、人いずくんぞかくさんや、と。


 


 

意解:
孟子は相手を判断する一番良い方法は、そのひとみ観察かんさつすることだと言っている。
ひとみはその悪を隠すことができない。心の中が正しければ瞳はんでいる。
しかし心の中が正しくなければ瞳はくもる。
その言葉を聞き、その瞳を見れば、どうして隠すことができようかと、言っている。
 
よく聞く「目は心の窓」である。
 
しかし、眼だけで其の人物を判断してしまうのも、心もとない、
眼を観察すると共に、相手の語る言葉を注意深く聞いて判断すれば、
間違いないと言っている。
 
そのためには、こちらも相手から目をらさず、
つ、観察眼かんさつがんも必要とされるだろう。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 78,360 アクセス

最近の投稿

アクセス解析