政をなすの要は、ただ人を得るに在り|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章



 

せいをなすのようは、ただひとるに

ー為政之要惟在得人ー  貞観政要 崇儒學第二十七
【貞観政要:じょうかんせいよう|十巻。唐の呉兢の著。唐の太宗と重臣とが
政治に関して論じたものを、四十門に分けて類編した書】

原文:
為政之要、
惟在得人。

用非其才、
必難致治。

書き下し文:
せいをなすのようは、
ただひとるにり。
もちうることそのさいにあらざれば、
かならいたかたし。

意解:
太宗たいそうは唐王朝の二代目皇帝として、創業そうぎょうから守成しゅせいに移る時期の舵取りにあたり、
唐の三百年の基礎を固めた名君である。
この言葉は其の太宗が語ったもの。

太宗が名君とされてきた理由は幾つもあるが、
その一つは、人材の誘致ゆうちに熱心であったことだ。

この人物は能力も在りしっかりしているとみるや、
かつて敵側に属した相手でも要職ようしょく抜擢ばってきし、
共に力を合わせて国政にあたった。
この言葉は、そういう人物が語っているだけに、説得力がある。

能力のある人材を必要とするのは、政治の世界に限ったことではない。
どんな組織でも、優秀な人材を得なければ、
たちどころにおかしくなってしまうだろう。

パソコン、スマホ全盛の現代でも、基本的には変わりはない。
太宗はくわえて語っている。
優秀な人材を使いこなせる能力のある上司でなければ、
かならいたかたし」と。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください