free web hit counter

 

Blog

Pocket

第八章


 

ぐんしょうたるのことは、せいってゆうしょうって

 

ー将軍之事、静以幽、正以治ー  孫子 第十一章 九地篇
【孫子:一巻。春秋末期の呉の孫武の撰した兵法書】

 

原文:
将軍之事、
静以幽、
正以治。

 

書き下し文:
ぐんしょうたるのことは、
せいってゆう
しょうって
 


 

意解:
将軍の仕事は、もの静かで思慮深く、公明正大で自分をよく律しなければならない。
これもリーダーの心構えについて語った言葉である。
「軍に将たるの事」とは、群を率いるときの心構えである。
 
それは何かと言えば、「せい」であり「ゆう」であることだという。
「幽」とは、測り知れないほど奥が深いという意味である。
つまり、リーダーというのは、もろもろのはかりごとを胸の奥深く秘めてじっくりと構え、
やたらに軽挙妄動けいきょもうどうしたり、不安動揺を外に現したりするなというのだ。
 
これのメリットは、言うまでもなく危機管理に強くなることだ。
組織はピンチにおちいったとき、部下はまっ先に上の者の顔色をうかがうものだが、
そんなとき、上に立つ者があわただしく動き回ったり、
いかにも不安げな表情を浮かべたりしていたのでは、
組織の動揺はいよいよ大きくなっていくに違いない。
 
リーダーはいつも冷静沈着であれ。

そうあってこそ組織を掌握しょうあくし、部下の信頼を勝ち取ることができるのだという。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,639 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools