太上は下これあるを知る|中国古典 名言に学ぶ

太上は下これあるを知る

太上は下これあるを知る

第八章

太上たいじょうしもこれあるを

ー太上下知有之ー  老子 第十七章
【老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。人為、虚飾を去って、
無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」】

原文:
太上下知有之
其次親而誉之。
其次畏之。
其次侮之。
信不足、焉有不信。
悠兮其貴言、功成事遂、
百姓皆謂我自然

書き下し文:
太上たいじょうしもこれあるをる。
その次は親しみてこれをむ。
その次はこれをおそる。
その次はこれをあなどる。
信足らざれば、すなわち信ざられざること有り。
ゆうとしてそれ言をおもくすれば、功は成り事はげられて、
百姓ひゃくせいは皆「我自われみずかり」とう。

太上は下これあるを知る

太上は下これあるを知る




意解:
「老子」は指導者のランクを四等級に分類している。
最も理想的な君主と言うのは、
民衆はただその存在を知るだけでそれ以上でもそれ以下でもない、くらいで良い。
次に良い君主は民衆がその功績を讃える様な敬愛される君主、
その次は法と罰を厳しくして民衆が恐れる様な君主、
その次は民衆から愚かだとあなどられる様な君主である。

君主が誠実さを欠いて余計な事をすると民衆からの信頼を失うものだ。
だから理想的な君主は悠然ゆうぜんとしてめったに口を挟まず、
人々が力を併せて事業を為す様にさせて、
民衆が「我々の力で国が良くなった」と自らを誇れる様にするのだ。

してみると、あれはかれの功績だなどと吹聴されるようでは、
まだ理想のあり方から遠いのかもしれない。

論語 子路第十三の六に「その身正しければ令せずして行わる」とある。「徳治主義とくちしゅぎ」と呼ばれる統治理論の原点の記述がある。上に立つ者が率先して姿勢を正す。そうすることによって、おのずから下の者を感化していくという考え方だ。これが難しいことは、今の政界の現状を引くまでもなく明らかであろう。だが、やはり各界のリーダーは、このレベルを目指してほしいと思う。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください