free web hit counter

 

Blog

Pocket

第八章


 

太上たいじょうしもこれあるを

 

ー太上下知有之ー  老子 第十七章
【老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。人為、虚飾を去って、
無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」】

 

原文:
太上下知有之
其次親而誉之。
其次畏之。
其次侮之。
信不足、焉有不信。
悠兮其貴言、功成事遂、
百姓皆謂我自然

 

書き下し文:
太上たいじょうしもこれあるをる。
その次は親しみてこれをむ。
その次はこれをおそる。
その次はこれをあなどる。
信足らざれば、すなわち信ざられざること有り。
ゆうとしてそれ言をおもくすれば、功は成り事はげられて、
百姓ひゃくせいは皆「我自われみずかり」とう。
 


 

意解:
「老子」は指導者のランクを四等級に分類している。
最も理想的な君主と言うのは、
民衆はただその存在を知るだけでそれ以上でもそれ以下でもない、くらいで良い。
次に良い君主は民衆がその功績を讃える様な敬愛される君主、
その次は法と罰を厳しくして民衆が恐れる様な君主、
その次は民衆から愚かだとあなどられる様な君主である。
 
君主が誠実さを欠いて余計な事をすると民衆からの信頼を失うものだ。
だから理想的な君主は悠然ゆうぜんとしてめったに口を挟まず、
人々が力を併せて事業を為す様にさせて、
民衆が「我々の力で国が良くなった」と自らを誇れる様にするのだ。
 
してみると、あれはかれの功績だなどと吹聴されるようでは、
まだ理想のあり方から遠いのかもしれない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,643 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools