free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

って弘毅こうきならざるからず

 

ー士不可以不弘毅ー  論語 泰伯 第八
【論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ】

 

原文:
曾子曰、
士不可以不弘毅
任重而道遠。
仁以為己任。不亦重乎。
死而後已。不亦遠乎。

 

書き下し文:
曾子曰く、
もっ弘毅こうきならざるからず。
任重にんおもくして道遠みちとおし。
仁以じんもっおのにんす。またおもからずや。
してのちむ。亦遠またとおからずや、と。
 
曾子そうし:孔子の弟子。
:道に志し、学問・修養につとめる人。
弘毅こうき:広い見識を持ち、意思が堅固であること。
じん:真心と思いやりを持ち誠実に人と接する。
 


 

意解:
曾子曰そうしいわく、「たる者は、広い見識を持ち、意志が強固でなければならない。
その任務は重大で、その道のりは遠い。
仁道じんどう体得たいとくし、それを世に広めることを、自己の任務としている。
なんと重いことではないか。
死ぬまで続けなくてはならない。なんと遠いことではないか」と。
 
」とは、「士農工商しのうこうしょう」などということばからもさつせられるように、
人の上に立つ人、つまり、リーダーの立場にある人物を指している。
そういう立場にある人間は、「弘毅こうき」でなければならないのだという。
こう」とは広い見識、「」とは強い意志力である。
 
広い見識をもたなかったら、視野狭窄症しやきょうさくしょうにおちいり、
たちまち壁にぶつかってしまう。
また、強い意志力を身につけていなかったら、困難にぶつかった場合、
粘り強く打開していくことができない。
いずれもリーダーに必要な要素なのである。
 
孔子の高弟で、孝心こうしんが厚く、こうしんとを道徳行為の根本とする曾子そうし
この教育者としての曾子のことばは、重く響いてくる。
現代のリーダー達の「座右の銘」としてほしいものである。
 

仁道じんどう:人のふみ行うべき道。仁の道。
孝心こうしん:親孝行をしようとする心。
視野狭窄症しやきょうさくしょう:視野が周辺や中心から狭くなる症状。
こう:父母を大切にする。
しん:誠実であること。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析