free web hit counter

 

Blog

Pocket

第八章


 

大禹たいう聖人せいじんにしてすなわ寸陰すんいんしめり、
衆人しゅうじんはまさに分陰ふんいんしむべし

 

ー大禹聖人乃惜寸陰、至於衆人当惜分陰ー  十八史略 晋書
【十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの。】

 

原文:
大禹聖人、
乃惜寸陰。
至於衆人、
当惜分陰。

 

書き下し文:
大禹たいう聖人せいじんにして、
すなわ寸陰すんいんしめり。
衆人しゅうじんに至っては、
まさに分陰ふんいんしむべし。
 
*至於:~に至っては
 


 

意解:
」は、むかし中国を治めたといわれる聖王。
ことばの意味は、「禹は聖人であるにもかかわらず、寸陰すんいん(短い時間)を惜しんで仕事に精励せいれいした。まして凡人たる者は、分陰ふんいん(さらに短い時間)を惜しんでつとめなければならない」となる。
東晋時代の名将陶侃とうかんの語ったことばである。
 
陶侃とうかんという人は、みずからにもそのような日課を課したらしい。
その精励せいれいぶりは、仕事のあるうちは一日中ひざもくずさず事務をとり、
その日の仕事を翌日に延ばすということがなかった。そのくらいであるから、
部下が酒やバクチで仕事をなまけているのを見ると、
酒やバクチの道具を取り上げて川に投げ込み、
「バクチなど、人間のクズのやることだ」といましめたという。
 
いささかヤリ過ぎの嫌いがないでもないが、その気持はわからないでもない。
とくにリーダーには、陶侃とうかんの言う「分陰ふんいんを惜しむ」精励が望まれるのかもしれない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,639 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools