大禹は聖人にして乃ち寸陰を惜しめり、衆人に至ってはまさに分陰を惜しむべし|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章

大禹たいう聖人せいじんにしてすなわ寸陰すんいんしめり、
衆人しゅうじんはまさに分陰ふんいんしむべし

ー大禹聖人乃惜寸陰、至於衆人当惜分陰ー  十八史略 晋書
【十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの。】

原文:
大禹聖人、
乃惜寸陰。
至於衆人、
当惜分陰。

書き下し文:
大禹たいう聖人せいじんにして、
すなわ寸陰すんいんしめり。
衆人しゅうじんに至っては、
まさに分陰ふんいんしむべし。

*至於:~に至っては

意解:

」は、むかし中国を治めたといわれる聖王。
ことばの意味は、「禹は聖人であるにもかかわらず、寸陰すんいん(短い時間)を惜しんで仕事に精励せいれいした。まして凡人たる者は、分陰ふんいん(さらに短い時間)を惜しんでつとめなければならない」となる。
東晋時代の名将陶侃とうかんの語ったことばである。

陶侃とうかんという人は、みずからにもそのような日課を課したらしい。
その精励せいれいぶりは、仕事のあるうちは一日中ひざもくずさず事務をとり、
その日の仕事を翌日に延ばすということがなかった。そのくらいであるから、
部下が酒やバクチで仕事をなまけているのを見ると、
酒やバクチの道具を取り上げて川に投げ込み、
「バクチなど、人間のクズのやることだ」といましめたという。

いささかヤリ過ぎの嫌いがないでもないが、その気持はわからないでもない。
とくにリーダーには、陶侃とうかんの言う「分陰ふんいんを惜しむ」精励が望まれるのかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください