善く将たる者は愛と威とのみ|中国古典 名言に学ぶ

善く将たる者は愛と威とのみ

善く将たる者は愛と威とのみ

第八章

しょうたるものあいとのみ

ー善将者愛与威而巳ー  尉繚子 攻権第五
【尉繚子:うつりょうし|二十四篇五巻。兵法書。
戦国時代の兵家、尉繚の著と伝えられている】

原文:
知勝敗之道者、必先知畏侮之權。
夫不愛悦其心者、不我用也。
不嚴畏其心者、不我舉也。
愛在下順、威在上立、
愛故不二。威故不犯。
善將者、愛與威而已。

書き下し文:
勝敗の道を知る者は、必ずまず畏侮いぶけんを知る。
それその心を愛悦あいえつせざる者は、わがようたらざるなり。
その心を厳畏げんいせざる者は、わがきょたらざるなり。
愛は下のしたがうにあり、は上の立つるにあり。
愛するがゆえにならず。あるがゆえに犯さず。
ゆえにしょうたる者は、愛ととのみ。

善く将たる者は愛と威とのみ

善く将たる者は愛と威とのみ

意解:
⽴派なリーダーになるためには、「あい」と「」の⼆つの条件さえあれば、それで⼗分なのだという。「愛」とは、愛情、恩情、思いやりである。「威」とは、重圧感を与えるような強さ、厳しさを⾔う。

いずれも、部下に対する統率⼒に関係した⾔葉である。リーダーが⾃分の地位や権限を振りかざせば、部下を命令に従わせることはできるかもしれない。だが、それだけでは⼼服はされないであろう。

部下のやる気を引き出し、「この⼈のためならば」と思わせるためには、普段から「愛」をもって臨む必要がある。しかし、「愛」だけでは組織管理に⽢さが残る。へたをすると、上も下も、なあなあ主義の馴れ合いが横⾏して、組織としてのまとまりが無くなってしまう。

そうならないために必要なのが「威」である。これでしっかりと抑えを効かせるのだ。
リーダーはこの⼆つのバランスをとるよう⼼がけなければならない。

「老子」は、力を誇示したり乱用したりしない。どんな相手にも謙虚な態度でへりくだる。故に、逆にリーダーとして人に立てられるのだとも言っている。不争の徳

*参考資料:「中国古典⼀⽇⼀⾔」守屋洋(著)をもとに、
⾃分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、⽇々、何をするにしても
⼤なり⼩なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴⽅も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in リーダーの心得 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.