我に諂諛する者は吾が賊なり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章

 

われ諂諛てんゆするものぞくなり

ー諂諛我者吾賊也ー  荀子 脩身篇
【荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた】

原文:
非我而当者吾師也。
是我而当者吾友也。
諂諛我者吾賊也。

書き下し文:
われとしてあたものなり。
われとしてあたものともなり。
われ諂諛てんゆするものぞくなり。

意解:
自分を非難してくれる者は自分の先生である。
自分を支持してくれる者は自分の友である。
自分にびへつらう者は自分にとってぞくである。

諂諛てんゆ」は、びへつらうこと。
耳に心地よい甘い言葉をもって近づいてくる者は、みな賊のようなものだという。
なぜなら、ついその気になってのぼせ上がり、
自分を見失ってしまうからである。

之は特に人の上に立つ者の自戒しなければならないことだ。
おべっかや甘い言葉に弱いのは、人間の常である。
きついことを言ってくる相手よりも、
心をくすぐるようなことを言ってくる相手を引き立てたくなるのは、
自然な人情である。
現に、どんな組織でも、そういうケースが少なくない。
だが、リーダーがそれをやっていたのでは、二重の意味で不幸である。

第一に、甘い言葉だけを聞かされていたのでは、
進歩も向上も望めず、自分を駄目にしてしまう。

第二に、それは事の軽重の判断を誤る元であり、
其の結果、組織まで駄目にしてしまう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください