忌めば則ち怨み多し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章

 

めばすなわうらおお

ー忌則多怨ー  春秋左氏伝 僖公九年
【左伝:三十巻。「春秋左氏伝」の略。魯の左丘明の撰と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」ともいう。十三経の一つ】

原文:
公曰、忌則多怨
又焉能克、是吾利也。
其言雖多忌、適足以自害。
不能勝人也。秦伯慮其還害己。
故曰、是吾利。

書き下し文:
公曰く、めばすなわうらおおし、
いずくんぞ能くたん、なり。と
言忌げんいむこと多しといへども、てきもっみずかがいするにれり。
人に勝つこと能わず。秦伯しんはく其のかえっておのれを害せんことをおもんぱかる。
ゆえいわく、なり、と。

意解:
む」とは嫌うこと。対人関係でそんな感情を露骨に出すと、
人のうらみを買うことが多くなるというのだ。
当然といえば、当然のことである。

とは言っても、どうしても好きになれない相手というのは必ずいるものだ。
しかし、そんな相手でも、距離をおいて淡々と対すれば、いいのではないか。
ことさらに嫌悪感を示すのは愚の骨頂であろう。

めばすなはうらおおし」を、とくに肝に銘じておいてほしいのは、
人の上に立つ人間である。
リーダーが部下に対して、あいつはきらい、こいつはいやだと
えり好みをしていたのでは、組織はガタガタになってしまう。

リーダーは公平な態度で部下に接しなければならない。
これはリーダーの重要な条件であるが、この公平原則を破る大きな原因の一つが、
選り好みである。その結果、感情的な人事がまかりとおり、
そのムリはいつか必ずリーダーの身にはね返ってくるのである。

リーダーだけでなく、誰しも自問自答し、「謙虚に自己啓発」が必要である。
知りて知らずとするは上なり」である。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください