大人は言必ずしも信ならず、行必ずしも果ならず|中国古典 名言に学ぶ

大人は言必ずしも信ならず、行必ずしも果ならず

大人は言必ずしも信ならず、行必ずしも果ならず

第八章

大人たいじんげんかならずしもしんならず、こうかならずしもならず

ー大人者言不必信、行不必果ー  孟子 離婁りろう章句下
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ】

原文:
孟子曰、
大人者元不必信、
行不必果、
惟義所在。

書き下し文:
孟子曰もうしいわく、
大人たいじんげんかならずしもしんならず、
こうかならずしもならず、
ただところのままにす。

大人たいじん:おとな、成人
:利害をすてて条理に従う。公共のために尽くす気持。

大人は言必ずしも信ならず、行必ずしも果ならず

大人は言必ずしも信ならず、行必ずしも果ならず

意解:

田中角栄元首相が北京に乗りこんで、当時の周恩来総理と国交回復の交渉をしたときのこと。周恩来から角栄氏に一枚のメモが渡された。見ると、「言必信、行必果」と書かれてあったという。「言必ず信、行必ず果」約束したことは必ず守ってくださいよ、
やりかけた仕事は必ず最後までやり通してくださいよ、と読める言葉だ。

この言葉の出典は「論語」であるが、必ずしも褒め言葉とは言い難い。なぜなら、この程度のことができなかったら、そのへんのカスみたいな政治家と同じにみなしますぞという意味が、言外に込められている言葉であるからだ。

それを間接的に語っているのが、「孟子」のこの言葉である。大人は、必ずしも「言必信、行必果」にこだわらないのだという。では、大人にとって第一義的に重要な事は何か。「ただるところ」と「孟子もうし」は断言している。「」のまえには、前言を取り消しても、いっこうにさしつかえないのだという。

論語 ⾥仁 第四 ⼗六章に「君子は義に喩り、小人は利に喩る」とある。君⼦は真っ先にを考える、 ⼩⼈は真っ先にを考える。という意味である。「」は、五常ごじょうじんれいしん)のひとつである。正しい⾏いを守ることであり、道理にかなっていること。
また、孔⼦は完成された⼈間の⼀つの条件に「⽬の前に利益がぶら下がっていてもを踏
み外さない」利益を追求するにしても、公正なルール「命と仁」を守って⾏うことを説いている。

:儒教における五常の一(仁・義・礼・智・信)人として守るべき正しい道。道義。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in リーダーの心得 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.