free web hit counter

 

Blog

Pocket


言行げんこう君子くんし枢機すうきなり

 

ー言行君子之枢機ー  易経 繋辞上伝 第八章 中孚二爻
【易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。上下の「経」と、その注釈篇である。「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている】

 

原文:
言行君子之樞機
樞機之發、榮辱之主也。
言行、君子所以動天地也。
可不愼乎。

 

書き下し文:
言行げんこう君子くんし枢機すうきなり
枢機すうきの発するや、栄辱えいじょくの主なり。
言行げんこう君子くんし天地てんちうごかす所以ゆえんなり。
つつしまざるべけんや。
 
*枢機:かなめ。要所。物事の肝心なところ。
*榮辱:栄誉と恥辱
*所以:わけ。いわれ。根拠。
 


 

意解:
易経えききょう」は五経の筆頭に挙げられる経典で、
このうち繋辞伝けいじでんは単なる予言をこえた深淵しんえんな哲学を説くものとされ、
中国思想史上に重要な位置を占めている。
この文は「えき」の成り立ちやその思想についての理論的な解釈が
述べられている「繋辞上伝 第八章」に出てくる言葉である。

言行げんこう君子くんし(人格者)にとって枢機すうき(かなめ。要所。)のように重要なもの。
発する一瞬いっしゅんが、栄誉えいよ恥辱ちじょくかどちらかを決める。
発言と行動にはふだんからくれぐれも慎重を期さなければならないといった意味になる。

地位が高くなるにつれて、発言と行動にはいっそうの自戒じかいが望まれるということだ。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析