free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第一章

 


不義ふぎにしてたつときは、われいて浮雲ふうんごと

 

ー不義而富且貴、於我如浮雲ー   論語 述而
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、
飯蔬食飲水、
曲肱而枕之、
楽亦在其中矣。
不義而富且貴、
於我如浮雲。

 

{書き下し文}
子曰く、
蔬食そしらひ水を飲み、
ひじを曲げて之を枕とするも、
楽しみも亦其またその中に在り。
不義ふぎにして富み且つたっときは、
われいて浮雲ふうんごとし。
 


 

{意解}
 孔子の述懐である。 「悪いことをして金や地位を手に入れ、
贅沢な暮らしをするのは 私から見れば
空に浮かぶ雲みたいなのもである」 と語る。

 物質面でいくら充実させても
それが不正な手段で獲得したものであれば 尚更である。
”心の楽しみは得られない”
人生を楽しむとは、どういうことなのか!  

 孔子はこの文章の前段で語っている
疎食そしらい、水を飲み、
ひじげてこれをまくらとす。
楽しみまたそのうちに在り」  
雑炊ぞうすいをすすり、白湯を飲み肱を枕にごろ寝する。
このような貧乏暮らしの中にも楽しみがある。という。

 真面目に働いて暮らす人々にとって
心のはげましになるにちがいない。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析