Blog

 

第一章

 

きゅうもまたたのしみ、つうもまたたのしむ

 

ー窮亦楽、通亦楽ー  莊子 譲王篇
【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう】

 

原文:
古之得道者、
窮亦楽、通亦楽。
所楽非窮通也。

 

書き下し文:
古の道を得る者は、
きゅうもまたたのしみ、つうもまたたのしむ。
楽しむ所は窮通にあらざるなり。
 


 

意解:
きゅう」とは、逆境。「つう」とは、順境である。だから、この言葉は、
「昔の有道者は、逆境にあろうと順境にあろうと、
そんなことにはとらわれないで人生を楽しんだ。
楽しみというのは、逆境だから楽しめない、
順境だから楽しめるというものではない」となる。
 
人生は楽しむためにある。楽しみなくて、なんの人生ぞや-
これが中国流である。
こういう生活哲学は、道家からきているのかもしれない。
 
その楽しみであるが、ふつう、経済的に余裕があれば楽しめるし、
余裕がなかったら思うように楽しめないと思われている。
だが、『荘子』に言わせれば、人生の達人というのは、
どんな境遇にあっても、あるがままの人生を楽しんでいるのだという。
 
私達の場合は、なかなかそんな具合にはいかない。
順境のときは颯爽さっそうと肩で風を切るが、
いったん逆境に陥るとがっくりと肩を落とす。
これでは、人生を楽しむ境地からほど遠いと言わざるをえない。

 

*「守屋洋著 「荘子」の人間学」をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,865 アクセス

最近の投稿

アクセス解析