衣食足りて礼節を知る|ナオンの言葉の散歩道

衣食足りて礼節を知る

衣食足りて礼節を知る

第八章

衣食足いしょくたりて礼節れいせつ

ー衣食足則知礼節ー  管子 牧民
【菅子:二十四巻。春秋時代の前期、斉の桓公に仕えた宰相管仲と
その門下の撰。政治の大本は富民で、
立法や布教はそれに次ぐということを説いている】

原文:
凡有地牧民者、
務在四時、守在倉廩。
國多財、則遠者來。
地辟舉、則民留處。
倉廩實、則知禮節。
衣食足、則知榮辱。

書き下し文:
およそ地を有し民をぼくする者、
務め四時しいじに在り、守り倉廩そうりんに在り。
国に財多ければ、則ち遠き者来たり。
辟挙へききょすれば、則ち民 留処りゅうしょす。
倉廩ちて、すなわ礼節れいせつり。
衣食いしょくりて、すなわ栄辱えいじょくる。

倉廩そうりん:米ぐらや穀物ぐら

衣食足りて礼節を知る

衣食足りて礼節を知る

意解:
国を治める者は、いつも務めて食料に気を配らなくてはいけない。
国に財が多ければ遠くから人が集まり、土地が開墾されれば定住してくれる。
食事の心配が無くなれば礼節を知り、衣食が足りると栄辱を知る。

斉の宰相管仲かんちゅうの名言である。
現在は「衣食足りて礼節を知る」このように言われることが多いが、
「管子」にある元の言葉は次のようになっている。
倉廩そうりん実ちて則ち礼節を知り、衣食足りて則ち栄辱えいじょくを知る」。
米倉がいっぱいになると礼節をわきまえるようになり、
衣食が十分に足りるようになると栄誉恥辱えいよちじょくを知るようになるのだという。
つまりは、生活にゆとりができさえすれば、道徳意識は自ずから高まるというのだ。

管仲は経済政策に力を入れた政治家として知られている。
まずなによりも民生の安定を図ることが先決であり、
国民の生活さえ安定すれば、自ずから道徳意識が高まり、
それにつれて国の基礎も固まる。
こういう考えの上に立って、経済優先の政策を推進した。

二千数百年前の当時にあっては、極めて先見性に富んだ政治家であったと言ってよい。

孟子 梁惠王章句上七に「恒産なければ因って恒心なし」とある。恒産などなくても恒心を持ち続けるのが理想である。だがそれは志操堅固しそうけんごな人物(士)にして初めて可能なことだ。一般の人々にそれを期待しても無理である。だから一般の人々に対しては、何をおいてもまず生活の安定を図ってやらなければならない。それが為政者のつとめであると「孟子」は主張している。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in リーダーの心得 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.