free web hit counter

 

Blog

Pocket

第八章


 

騏驎きりんおとろうるや、駑馬どばこれにさきだつ

 

ー騏驎之衰也、駑馬先之ー  戦国策 斉策 閔王
【戦国策:三十三篇。周の元王から秦の始皇帝までの戦国時代の謀臣、
策士らの活躍を各国別に編んだもの。前漢の劉向の編】

 

原文:
騏驎之衰也、
駑馬先之。
孟賁之倦也、
女子勝之。

 

書き下し文:
騏驎きりんおとろうるや、
駑馬どばこれにさきだつ。
孟賁まうほんつかるるや、
女子これにまさる。
 
孟賁まうほん:秦の武王に仕えた怪力な人
 


 

意解:
騏驎きりん」とは、現在言うところのキリンではない。
一日に千里も走るという駿馬しゅんめである。「騏驥きき」ともいう。
駑馬どば」とは並の能力しかないごく平凡な馬。
ことばの意味は説明するまでもあるまい。
むかしからことわざとしてよく使われていたらしい。
 
現代でも、よく「老害ろうがい」ということばを聞く。
おとろえは、馬の場合は足にくるが、人間の場合は頭にくる。
思考が硬直こうちょくして、柔軟な対応ができなくなるのだ。
努力によってよくそれを克服している御老体もいないではないが、
多くはそういう欠点をまぬがれない。
 
衰えを自覚した時、後進に道を譲るという、
引き際をわきまえる事も必要である。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,647 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools