Blog

Pocket

第八章

 

諍臣そうしんかならずそのぜんいさ

 

ー諍臣必諫其漸ー  貞観政要 卷二 論求諫 貞觀十七年
【貞観政要:じょうかんせいよう|十巻。唐の呉兢の著。
唐の太宗と重臣とが政治に関して論じたものを、四十門に分けて類編した書】

 

原文:
諍臣必諌其漸
及其滿盈、無所復諫。

 

書き下し文:
諍臣そうしんかならずそのぜんいさむ。
満盈まんえいおよびては、いさむる所無ところなし。


 


 

意解:
唐の褚遂良ちょすいりょうという重臣が太宗に語った言葉である。

諍臣そうしん」とは、トップに過失があったとき、敢然としていさめる臣下を云う。
しかし、そういう諍臣でも、諌めるときは、
ぜん」すなわちきざしの段階で諌めるのだという。
なぜなら、末期症状をていするようになっては、
どんなに諌めても、もはや手遅れだからである。
 
たしかに、手の施しようがなくなってから強意見こわいけんしても、なんの効果もない。
「漸」のうちにしてこそ意味があるのだ。
無駄なことはお互いやめたほうがよいのかもしれない。
 
昔も今も、諫言かんげんを嫌うトップが多い。そうなると部下のほうも、
トップの鼻息ばかり伺って、あえて諫言などしなくなる。
これでは、仮にトップが誤った方向に突っ走った場合、
全く歯止めがかからない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 89,737 アクセス

最近の投稿

アクセス解析