下の上に事うるや、その令する所に従わずして、その行う所に従う|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章

したうえつかうるや、そのれいするところしたがわずして、
そのおこなところしたが

ー下之事上也、下従其所令而従其所行ー  礼記 緇衣しえ
【礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ】

原文:
下之事上也、不從其所令、
從其所行。

上好是物、下必有甚者矣。
故上之所好惡、不可不慎也、
是民之表也。

書き下し文:
したうえつかうるや、そのれいするところしたがわずして、
そのおこなところしたがう。
かみこのむ是物これものしもかなら有甚よりはなはだし。
ゆえかみ好悪こうおするところは、つつしまざるべからず、
これたみあらわなり

意解:
部下というのは、上の者の命令に従うよりは、
上の者のやっていることを見習うものだという。
つまりは、上に立つ者は、みずからの嗜好しこうや行動には
くれぐれも慎重であれ、と語っている言葉である。

「韓非子」にこんな話がある。
むかし、せい桓公かんこうが好んで紫の衣服を愛用したところ、
国中の者がそれを真似まねて、紫の生地の値段が白絹の五倍にもはねあがった。
桓公は、宰相の管仲を呼んで相談した結果、彼の進言を入れて、
その日から紫の衣服の使用をやめ、
同じような衣服をつけている臣下が伺候しこうしてくるたびに
「わしはその紫の匂いが嫌いでな」と言って鼻をつまんだ。
すると三日もしないうちに、国中から紫の衣が姿を消したという。

これは、たんなるおとぎ話ではない。
現代でも似たようなケースはいくらでも起こっている。
だから「礼記」も、表題の言葉を引いたあとで、
ゆえかみ好悪こうおするところは、つつしまざるべからず」とダメ押しをしている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください