法を用うること、務め寛簡に在り|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章

 

ほうもちうること、つと寛簡かんかん

ー用法務在寛簡ー  貞観政要
貞観政要じょうかんせいよう:|十巻。唐の呉兢の著。
唐の太宗と重臣とが政治に関して論じたものを、四十門に分けて類編した書】

原文:
用法務在寛簡

書き下し文:
ほうもちうること、つと寛簡かんかん

意解:
とう太宗たいそうがあるとき側近の者を集めてこう語った。
「一度死んだ者は二度と生き返らせることはできない。だから法の適用は、
なるべくゆるやかにすることが望ましい(法を用うること、務め寛簡に在り)。
ところが今の司法官を見るに、古人がいみじくも、「棺桶かんおけを売るものは、毎年、
疫病えきびょうの流行することを望む。他人が憎いからではない。棺桶がたくさん売れるからだ」
と語ったように、やたらと苛酷かこくな取り調べを行って、
己の成績を上げることばかり考えている」

太宗の嘆きは、現代にも当てはまるかもしれない。たとえば、
点数稼ぎを目的とする交通違反の取締などはその一例であろう。
そんなことに熱心なところほど、
肝心の事件の解決率が低いとくるから、いっそう始末が悪い。

この問題はまた警察や司法だけの課題ではない。
一般の人事管理においても、
「務め寛簡に在り」の原則でいきたいところだ。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください