free web hit counter

 

Blog

Pocket

第八章


 

ふんせずんばけいせず、せずんばはつせず

 

ー不憤不啓、不悱不発ー  論語 述而 第七の八
【論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ】

 

原文:
子曰、
不憤不啓、不悱不發。
擧一隅而示之、不以三隅反、
則吾不復。

 

書き下し文:
いわく、
ふんせずんばけいせず、せずんばはつせず。
一隅いちぐうげてこれに示し、三隅さんぐうもっかえさざれば、
すなわわれふたたびせざるなり。


 


 

意解:
「自己啓発」ということがよく耳にするが、
もともとは「孔子」の教育方針を語った文章が「啓発けいはつ」の語源である。
ふん」とはやる気が盛り上がってきた状態、
」とは、言いたいことが口元まで出かかっている状態をいう。
 
全体の意味はこうなる。
「教えを乞う者が、まず自分で道理を考え、その理解に苦しんで
歯がみをするほどにならなければ、解決の糸口をつけてやらない。
説明に苦しんで口をゆがめるほどのそういう相手でなければ、
助け舟は出してやらない」
 
教育というのは、やる気のある相手にちょっと手を貸してやるだけなのだという。
孔子は、もう一つダメ押しをしている。
「その一隅から、あとの三隅を自分で研究するようでなくては、
同じことを繰り返す指導は差し控える他はない」と。
 
厳しい言葉ではあるが、もう一度、自己を振り返り、
「自己啓発」の意味を噛みしめるべきであろう。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,641 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools