綸言、汗の如し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章

 

綸言りんげんあせごと

ー綸言如汗ー  礼記 緇衣篇・漢書 劉向伝
【礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を
記録編集したもの。前漢の戴聖によって伝えられた。
「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ】
【漢書:百二十巻。前漢の歴史を記録した正史。後漢の班彪と、
その子班固、班昭の撰】

原文:礼記 緇衣篇
子曰、
王言如絲、其出如綸。
王言如綸其出如綍

原文:漢書 劉向伝
詩云、我心匪石、不可轉也。
言守善篤也。
易曰、渙汗其大號。
言號令如汗、
汗出而不反者也

書き下し文:礼記 緇衣しい
子曰しいわく、おうげんいとのごとく、ずるやりんのごとし。
おうげんりんごとくなれば、そのずるやふつごとし。

書き下し文:漢書 劉向りゅうきょう
いわく、「こころいしあらず、てんずべからず」と。
げんぜんまもることあつきなり。
えきいわく、「かんするときは大号たいごうあせにす」と。
げん号令ごうれいあせのごとくにして、
あせでてかえらざるものなり。

意解:

綸言りんげん」とは天子のことばである。
それは汗のようなものだという。
天子の言葉は、一度口から出れば取り消せないことのたとえである。

綸言りんげんあせごとし」
この故事成語は『礼記』が出典の「綸言」と、
『漢書』が出典の「汗のごとし」とが合わされて出来たものと思われる。

汗というのは、一度自分の体から出てしまうと、二度と戻ってこない。
それと同じように、天子のことばも、一度自分の口から出てしまうと、
もはや取り消しができない。

故に、トップ(天子)は、
くれぐれも発言を慎重にしなければならないというのが、
「綸言、汗の如し」の意味である。

これはトップに限ったことではなく、平社員から課長、課長から部長、
重役と地位が上がっていくにつれて、発言の重みが違ってくる。
故に、発言はいっそう慎重にしなければならないといっている。

リーダーは、主張するべきときは断固として主張しなければならない。が、
深い考えも無く、言葉に出し、やたら失言や、
言ったことの撤回をやっているようでは、
これまたリーダーの資質が問われるところである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください