一利を興すは一害を除くに若かず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章

 

一利いちりおこすは一害いちがいのぞくにかず

ー興一利不若除一害ー  十八史略 耶律楚材
【十八史略:七巻。元の曾先之の撰。十八史略とは、十八史の要略の意で、
太古から南宋までの四千年間の史実を簡略に記し、初学者の課本に供したもの】

原文:
興一利不若除一害

書き下し文:
一利いちりおこすは一害いちがいのぞくにかず

意解:
元代の名宰相耶律やりつ楚材そざいのことば。
亡くなった大平元首相がこれを座右の銘にしたといわれる。

元は騎馬民族モンゴルの建てた王朝で、
とかく収奪しゅうだつをこととする傾向が強かった。
そのなかにあって耶律楚材は民生の安定を重視し、
収奪政策にブレーキをかける役割を果たした。しかも、
太宗(フビライ)の信任も厚く、元の廟堂びょうどうに重きをなしたといわれる。
かれの横顔を「十八史略」はつぎのように伝えている。

「楚材つねに言う、一利いちりおこすは一害いちがいのぞくにかず、
一事を生ずるは一事を滅するに若かず、と。平居へいきょみだりに言笑げんしょうせず。
士人に接するに及んでは、温恭おんきょうよう、外にあふる。その徳に感ぜざるなし」

かれの時代は、「一利を興す」すなわち新規の事業を始めるのは、
ただちに民衆からの収奪を意味することが多かった。
この言葉も、そういう背景の中で生まれてきたのである。
現代でも、健全経営をはかる指針として参考になるかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください