練極まりて福を成すは、 その福始めて久し|中国古典 名言に学ぶ

練極まりて福を成すは、 その福始めて久し

練極まりて福を成すは、 その福始めて久し

第二章

自己を高める

練極れんきわまりてふくすは、その福始ふくはじめてひさし。

ー 練極而成福者、其福始久 ー  菜根譚 前集 74項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
一苦一楽相磨練、
練極而成福者、
其福始久。
一疑一信参勘、
勘極而成知者、
其知始真。

書き下し文:
一苦一楽いつくいちらく相磨練あいまれんし、
練極れんきわまりてふくすは、
その福始ふくはじめてひさし。
一疑一信いちぎいつしん相参勘あいさんかんし、
勘極かんきわまりてすは、
はじめてしんなり。

練極まりて福を成すは、 その福始めて久し

練極まりて福を成すは、 その福始めて久し

意解:
時には喜び、時には苦しみながら、その果に築き上げた幸福であれば、
いつまでも持続する。
時には信じ、時には疑いながら、熟慮の末に掴んだ確信であれば、
もはや動かしようがない。

幸福にしても信念にしても、確固としたものを手に入れるためには、
己に落とし込んでこそ、価値が生まれるということだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)を参考に
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください