Blog

 

第二章

 

ひとるには、のち半截はんせつ

 

ー看人只看後半截ー  菜根譚 前集 92項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
声妓晩景従良、一世之胭花無碍。
貞婦白頭失守、半生之清苦倶非。
語云看人只看後半截。真名言也。

 

書き下し文:
声妓せいぎ晩景ばんけいりょうしたがえば、一世いつせ胭花えんかさまたし。
貞婦ていふ白頭はくとうまもりをうしなえば、半生はんせい清苦せいくともなり。
う、「ひとるにはのち半截はんせつよ」と。
まこと名言めいげんなり。

 


 

意解:
芸妓でも、晩年に身を固めて貞節な妻になれば、
昔の浮いた暮らしは少しも負い目にならない。
貞節な妻までも、白髪になって操を破れば、
それまでの苦労が全て水の泡になる。
ことわざにも、「人の値打ちは後半生できまる」とあるが、
まったくそのとおりだ。

 
「詩経大雅、蕩」に、
はじめあらざることく、わりあることすくなし」
という言葉がある。
初めは誰でも上手くいくが、
それを終わりまで持続させる者は少ないという意味だ。

晩節(晩年の節操)を全うすることは難しい。だからこそ、
後半生の生き方で、
その人の値打ちが決まってくるのである。

 

[決定版]菜根譚 著者: 守屋洋 を参考に
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,868 アクセス

最近の投稿

アクセス解析