人生は白駒の隙を過ぐるが如し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章


人生じんせい白駒はつくげきぐるがごと

ー人生如白駒過隙ー   荘子 知北遊篇
{荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。
『老子』の思想を継承し、道家思想を発展させたもので、
内篇の中の逍遥遊・斉物論の二篇が最も重要である。「南華新経」ともいう}

{原文}

人生天地之間、
白駒之過郤
忽然而已。

{書き下し文}

人の天地の間に生くるは、
白駒はつくげき(げき=隙)をぐるがごとく、
忽然こつぜんたるのみ。

{意解}
この一文は『荘子』(知北遊篇)の下記文章が出典になっている。

人生天地之間、
若白駒之過郤、
忽然而已

 人生の短いことを語った言葉である。

 人が天地の間に生きているのは、
ちようど白馬が走り去るのを
戸の隙間からのぞき見るようなもので、
ほんの一瞬のことに過ぎない、という意味である。

 自分の短い人生、どうすごすか!
「天地は永遠であるが、人生は二度と戻らない。
人の人生はせいぜい百年、
あっという間に過ぎ去ってしまう。
幸いこの世に生まれたからには、

楽しく生きたいと願うばかりでなく、
無駄に過ごすことへの恐れをもたなければならない」
と(菜根譚)は語る。

 楽しみのない、振り返って何もない人生では、
生まれてきた意義がないのでは!

有意義に、かつ楽しく!

生まれて、死ぬまでの間の自分のドラマを作り上げ、

我が人生に悔いなし

こんな言葉を笑いながら言える人生にしたいものですね。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください